しげ選手とのゆる合宿、2日目。

      2017/08/18

りんくうビーチ

前回「しげ選手とのゆる合宿、初日」に戻る

 

初日で「夏合宿」から「ゆる合宿」にコンセプト変更を余儀なくされたしげみか家滞在。

 

■ 8月12日、2日目。

ゆる合宿化に歯止めをかけるべく、少し頑張った2日目。朝7時から6kmほどラン。

いい滑り出しに気を良くした俺たちは、りんくうビーチに繰り出す。

りんくうビーチ

 

りんくうビーチは、パリピらしき人々で溢れていた。どういうことか知りたい人は、Instagramで「#りんくうビーチ」で検索して欲しい。俺の言っている意味がすぐ分かるはずだ。

トライアスリートを目指す俺としげ選手はそれらを無視。海に浮かぶブイを目標に1周250mほどのコースを設定し、ぐるぐる泳ぐ。普段波もうねりもないりんくうビーチだが、今日に限って激しいコンディション。理由はどうやら、パリピの運転するジェットスキー。負けてたまるかと必死こいて1.5kmほどで終了。

ちなみに、スイム練の直前に駐車場まで忘れ物を取りに行ったのだが、たまたまそこに居合わせたまど・みかに見つかり、ビデオ撮影された。海が近くの場所で、海パン一丁で歩くのはなんの不思議もないはずだ。湘南あたりでは普通に見られる光景だ。

かつて鎌倉に住んでいた頃、この俺は「湘南のダンディズム」を名乗っていた。舞台をりんくうビーチに移しただけだ。その俺に向かって何を笑うことがあるのか、と思いながら普通に振舞っていたのだが、後でビデオを観てみたら、想像以上に違和感しかなかった

 

海練を終えた俺たちは、すぐそばのコストコで買い物。定番「プルコギビーフ」などを買い込み、ホクホクで帰宅。軽く昼寝を挟んでから、ビールを買いに2kmほど離れた近所のスーパーまで走る。キロ4分ペースでダッシュ。しげ選手もついてくる。

瓶ビールを3本と缶ビールを1ケース購入。大きなビニール袋1枚に入れてもらい、それを抱えて帰りも走る。ビールの重みですぐに腕がバカになり、しげ選手と交代しながら走る。しかし、途中でビニール袋の方が音を上げた。瓶ビールが1本地面に落下し、盛大に割れてしまう。ビール1本分落ち込みながらも、全部犠牲にならなかった幸運を感謝しつつ、帰宅。

あとはベロベロになってしまい、よく覚えていない。こうしてゆる合宿2日目は過ぎていった。

 

次回「しげ選手とのゆる合宿、3日目」に続く

※ ゆる合宿編、長くなる予感。。。下の応援バナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

 - ブログ