しげ選手とのゆる合宿、初日。

      2017/08/17

鼻毛チャレンジ

前回「カッコいいランナーが自然とやっていないこと」に戻る

 

お盆休みは、名古屋のしげみか家で過ごした。宮古島トライアスロンへの参戦を決めたしげ選手との夏合宿と意気込んでいたのだが、結果はこうなった。

 

■ 8月11日、初日

名古屋はどしゃぶりの雨に包まれていた。シャワーランでもすればいいのだろうが、なんだかやる気が起きない。そこで、しげ選手が最近凝っているという「プランク」をやることに。

プランクとは、いわゆる体幹トレーニング。腹筋と背筋を使って、身体を一枚の板のようにして姿勢を保つエクササイズだ。強度は比較的低く、入門編と言われる。

「30秒やるのもキツいよ〜」と言いつつ、あっさり2分半やり切ったしげ選手。それならば俺もやらねばなるまい。プランクなど楽勝と思っていたのだが、2分半はなかなかキツい。プランク中、隣でみかさんが謎の柔軟をしているのにも気づかないくらいキツい。

プランクチャレンジ

 

プランクを終えた俺たちは、はあはあ言いながら、その後ゴロゴロして過ごす。夕食は有名店と名高い今池ホルモンへ。強烈なインパクトを与える店構えが期待を高めてくれる。

今池ホルモン_1

 

さすが名古屋と言うべきか、塩味が異様に効いている。普段焼き肉を食べるとき、タレの中にこっそり塩を振っておく俺なのだが、全くその必要性を感じない。ホルモン自体も新鮮でうまい。コマログ4.0

今池ホルモン_2

 

ホルモンに満足しつつ帰ってくると、しげ選手が「みんなで一緒に鼻毛を抜こうよ」と意味の分からない提案をしてきた。物凄い笑顔でグイグイ迫ってくる。

4人そろって鼻の穴に指を突っ込み、「せーの」でブチっと鼻毛を引き抜き、抜けた毛の数を競うという地獄絵図が一瞬で想像できた。「お、おう。。。」と生返事をしながら様子をうかがう俺。

しかし、詳しく話を聞いてみると、ワックスをつけた棒を鼻に突っ込み、一気に抜く戦法らしい。ブラジリアンワックスを鼻に突っ込んで毛を抜く、というイメージだそうだ。しげ選手によれば、爽快感この上無しだという。面白そうなので、提案に乗ってみることに。しかし、登場したしげみかを見て、若干の後悔と未知への興奮がないまぜになる。

鼻毛チャレンジ_しげみか

 

続いて俺も鼻毛チャレンジ。ワックスは細かいBB弾のような形状になっており、それをレンジで温めて溶かす。そして、その溶けた熱々ワックスを棒に絡め、鼻の穴に突っ込む。何の罰ゲームかと思ったが、鼻の中は意外と熱さを感じない。ただ、棒を鼻に突っ込んだ間抜けな姿はダンディズムから程遠い。

 

(そうだ、この棒を葉巻に見立てればいいんだ。。。)

 

我ながら実にいいアイデアだ。それならダンディズム感を失わない。鼻に棒を突っ込み、まどかに写真を撮らせる。どうだ、ダンディズムとはこういうことだろう?しかし、まどかは黙して語らない。

鼻毛チャレンジ

 

ダンディズム感を全て失った俺は、嫌がるまどかにも鼻毛チャレンジを強要する。逃げられると思ったか。

鼻毛チャレンジ_まどか

 

 

こうして合宿初日は過ぎていった。一切トレーニング感はない。夏合宿改め、ゆる合宿。明日はどうなる。

 

次回「しげ選手とのゆる合宿、2日目」に続く

※ ゆる合宿、1話で終えようと思ったら無理でした。下の応援バナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

 - ブログ