湯原温泉トライアスロン2017 レースレポート、ラン前編。

      2017/07/31

湯原温泉トライアスロン_カズ発見

前回「湯原温泉トライアスロン2017 レースレポート、バイク編」に戻る

 

湯原温泉トライアスロンのランは、1周約6kmの比較的フラットなコースを3周する、18kmのコースだ。情緒あふれる湯原温泉街を巡ることになる。

Yubara Triathlon_run

 

酷暑の中走ることになるため、約1km強ごとにエイドステーションが4箇所設けられている。① スタート直後のガソリンスタンド、② 「湯の蔵つるや」前の坂を登ったところ、 ③ 砂湯前、④ 「ゆばら湯っ足り広場」内、合計4箇所だ。そのうち、湯の蔵つるや前以外の3箇所では、がっつりかけ水をしてもらうことができる。

昨年のレースでは、あまりの暑さにフラフラになってしまい、ロクに走ることができなくなった。結果、2時間21分。キロ8分ほどもかけてしまった。今年はその轍は踏まないようにしたい。

そんなことを考えながらクラウドフローに履き替えていると、横から声をかけられた。

 

「しんどいですね…」

 

振り向かずに答えた。

 

「もう少しで終わりですよ!きっと最高に楽しいですよ〜」

 

すると彼は、「いい言葉をありがとうございます!」と返してくれた。爽やかな雰囲気に振り向くと、そこにいたのはデンジャラス・ノッチさん。そう言えば、スタートリストの隣には彼がいた。

スタートリスト_2

 

ノッチさんの肩をパンと叩いてランスタート。すぐ後ろから彼もスタートしたことが分かった。

湯原温泉トライアスロン_ノッチさん

 

スタート直後、クラウドフラッシュを履いたあすたまの鉄平さんとすれ違う。大きく声をかけると、「はい!!」と返してくれた。爽やかだ。爽やかすぎる。

湯原温泉トライアスロン_竹内鉄平さん

 

そのほんの数秒後、俺に亀ブーブーを仕込んだ健志とすれ違う。「たけしぃ〜!」と声をかけると、「負けたぁ〜!!」と帰ってきた。あの鉄平さんと勝負を繰り広げたんだな。素晴らしい。しかし、来年はキミが亀ブーブーを装備するのだよ。

湯原温泉トライアスロン_石橋健志さん

 

鉄平さんと健志くんとすれ違えたことで元気をもらえたのか、昨年とは全く違った調子でランに入った。しかし早くも暑さを感じる。スタート直後のガソリンスタンドで水をかけてもらおう。

 

「駒田さん!こまださん!!」

 

ガソリンスタンドには、満面の笑みを浮かべたカズが、Onアパレルに着替え終えた状態で待っていた。ついさっき、鉄平さんや健志とすれ違ったのだ。ここにカズがいるということは……。

 

「もうフィニッシュしたのか!?優勝か!?」

 

「DNFですw」

 

「え!?」

 

湯原温泉トライアスロン_カズ発見

 

状況が全く理解できない。DNFってなんでだ。

 

「いいから走って!w 止まらないで!!ww」

 

「お、おう。。。」

 

何が何だか全く分からないまま、湯原温泉トライアスロン、最後のランへ。

 

次回、「湯原温泉トライアスロン2017 レースレポート、ラン後編」に続く

※ 以上のお話、ランスタートからわずか5分程度の間に立て続けに起きたことです。下の応援バナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

 - 湯原温泉トライアスロン