湯原温泉トライアスロン2017 レースレポート、フィニッシュ後。

   

完走した人とそうでない人

前回「湯原温泉トライアスロン2017 レースレポート、ラン後編」に戻る

 

喜び全開でフィニッシュした後、記念撮影タイムに入った。まずは、この湯原温泉トライアスロンの仕掛け人・真山さんをはじめとした皆さんと。

湯原温泉トライアスロン_関係者

 

続いて、レース前からずっと温かい応援をしてくれた岡山のトライアスロンチーム「Blue Dog」の皆さんと。ちょっとしたお祭り騒ぎ。

岡山Team Blue Dog

 

完走後にお互いに喜び合う時間は、この上なく楽しい。しかし、すぐに帰る準備をしなければならない。トランジションでギアのピックアップをしていると、またもやデンジャラス・ノッチさんと会った。

 

「お疲れさまでした!」

 

「最後、追いつけませんでした〜」

 

握手して喜び合う。聞けば、今年の宮古島トライアスロンにも出ていたらしい。宮古島では、俺の30分前くらいにフィニッシュしていたようだ。遅ればせながら、ここで自己紹介をする。

 

「…だから、また宮古島にも湯原温泉にも来ます」

 

「またどこかでお会いできたらいいですね!」

 

レース中に感じた印象とそのまま、本当に爽やかな方だ。最後にもう一度握手し、どこかでの再会を願いつつ別れる。

 

「さあ、帰ろうか!」

 

こうして、楽しい楽しい湯原温泉トライアスロンの旅は終わった。しかし、最後に聞いておかねばならないことがある。

 

「……で、レース中に何があったんだね?」

 

カズによればこうだ。バイク1周目の長い下り坂、DHポジションを取りながらスピードを上げて走っていると、突如後輪がバースト。後輪が大きく振られ、あやうく落車するところだった。なんとか落車だけは免れたが、タイヤは完全にフラットに。その状態で残り5kmほどを走り、1周目は終えた。

そして、そこにいたマーシャルに、「リザルトは出なくてもいいから、バイクかホイールを交換して続行したい」旨伝えた。CEEPO田中さんに連絡を入れ、空き車両または空きホイールの状況を確認したが、あいにく全て貸し出し中。そこでDNFを決めたということだった。

鎌田選手バースト

 

「そうか〜。でも怪我なくてよかったな」

 

「今年の目標は『健康第一』ですからねw」

 

「目標達成したなw」

 

あんなスピードで落車してしまったら、ただでは済まない。奇しくも、今日7月23日はカズの誕生日なのだが、誕生日に大怪我してしまうわけにはいかない。健康第一。

2017%e5%b9%b4%e7%9b%ae%e6%a8%99

 

ただまあ、こんなことは滅多にない。一応、こんな記念撮影もしておこう。

完走した人とそうでない人

 

 

題名「完走した人とそうでない人」 by カズ

 

 

 

<湯原温泉トライアスロン 2017、レースレポート完>

※ 湯原温泉トライアスロンの楽しさが少しでも伝われば嬉しく思います。「いつか湯原温泉に行ってみたい」と思っていただいた方は、下の応援バナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

 - 湯原温泉トライアスロン