オン・ジャパン忘年会 2017、後編の前編。

   

Onジャパン忘年会2017_1

前回「オン・ジャパン忘年会 2017、中編」に戻る

 

スーツ、トレンチコート、ハット、Onフラッグを装備し、懐に葉巻も仕込んだ。「ドレスコード: ダンディズム」というより、シカゴのマフィアのような感じもするが仕方ない。これが俺の精一杯だ。

Onジャパン忘年会2017_駒田

 

無言でオフィスのドアを開けると、カズトシが「うわぁー!」と叫ぶ。不審者がオフィスに入ってきたと思ったのらしい。

カズはジャケットにスカーフ。時計もいつものSUUNTOではなく、ゴールドプレートを施した1本を合わせている。全体的にエレガントな装いだ。激しめのパーマヘアが華やか、かつ荒々しい男気を感じさせる。

Onジャパン忘年会2017_鎌田

 

トシは、ジャケットとベストに、予告通り蝶ネクタイを合わせてきた。爽やか・お茶目・可愛らしい系で攻めてきたようだ。一部では、かわいい系イケメンだとかなんとか言われ始めているトシ。早めに芽を摘んでおきたい。

Onジャパン忘年会2017_青野

 

「何のかんの言って、ひろきさんが一番ノリノリじゃないですかw」

 

発起人のヤスコはやや嬉しそうだ。よかった。やった甲斐があったというものだ。ヤスコはワンピースに、クラウドXをイメージさせるネイル。細かなところまで気を遣うヤスコらしい。#嫁にどうすか

Onジャパン忘年会2017_前原

 

店に移動した俺たちは、ドレスコードありのパーティーらしく、まずは泡で乾杯。本来、室内では脱帽するべきなのだが、このときだけかぶっておいた。ダンディズム。

Onジャパン忘年会2017_1

 

「みんなのおかげで、今年もいい年になりました。乾杯」

 

やや低め、ややダンディズムな声で乾杯の音頭を取り、オン・ジャパン忘年会2017はスタートした。非常に穏やかな滑り出し。しかし、まさかあんな展開になろうとは…。

 

次回「オン・ジャパン忘年会 2017、後編の中編」に続く

※ この後、穏やかさのカケラもない展開に。下の応援バナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

 - On (オン)