ウォリアー・プリンセス – 第6話「笑いの刺客たちの波状攻撃」

   

%e7%ac%91%e3%81%84%e3%81%ae%e5%88%ba%e5%ae%a2in%e6%b2%bc%e6%b4%a5

第5話「ハマの仕留めるリスト」に戻る

完全に燃え尽きたカズを引きずるようにして丸天から戻った俺たちは、ヤスコの初オーシャンスイムに同行した。敏腕GMアキコは海で付き添い、俺とカズは浜辺で見守る。

%e3%83%a4%e3%82%b9%e3%82%b3%e5%88%9d%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%a0
%e8%a6%8b%e5%ae%88%e3%82%8a

事前に特訓していた成果が出ているようで、ちゃんと泳げている。「これなら明日もイケるな」と話していたのだが、ヤスコは戻ってくるなり波打ち際に倒れこんだ。笑いながらも駆け寄ろうとするアキコ。

「明日100km走れって言われた方がラク。。。」

「んなわきゃねーだろw」

%e6%89%93%e3%81%a1%e4%b8%8a%e3%81%92%e3%82%89%e3%82%8c%e3%82%8b%e3%83%a4%e3%82%b9%e3%82%b3

試泳を終え、ウェットスーツの脱ぎ方やトランジションの流れなどを確認しているヤスコを生温かく見守っていると、後ろから強い気配を感じた。宮古島でも感じた気配。これは…

笑いの刺客があらわれた!

→ たたかう
→ にげる ○

ひろきは にげだした!

しかし まわりこまれてしまった!

はやとの こうげき!

「こっ、駒田さん!同伴フィニッシュする方は、必ずシャツを着ましょう」

「は、はい。。わかりました。。。」

はやとは とつぜん ぬぎだした!!

ひろきは わらいをこらえている…。

「ちなみにここがギリギリのラインです!」

「えっと。。乳首がライン。。。?」

はやとは ふしぎなおどりをおどった!ちくびを かくしている…。

「これならフィニッシュ♪」

「ぎゃはははは(泣)」

「勝ちました!あとでタイキックです!!」

なんだこれ…勝てるかこんなのに……。

%e7%ac%91%e3%81%84%e3%81%ae%e5%88%ba%e5%ae%a2in%e6%b2%bc%e6%b4%a5

笑いの刺客の「ふしぎなおどり」にMPを空にされた俺は、フラフラとブースに戻っていった。しかし、俺に安息の時間はないようだ。

「あー!肩パットさんだー!!」「駒田さんだー!!」

エントリーしているのは知っていた。いつ来るか、いつ出るかと身構えていたら、まとめて出てきた。ZOOTからの刺客夫婦。女豹チャコ。そしていたずら紳士。

「私たち泳ぐから一緒に行こうよ〜♪」

「いやいい」

「見てるだけでいいですから〜( ̄ー ̄)」

Zootからの刺客は、本人に輪をかけてワルい旦那の浩さん、さらに女豹チャコという強い味方を得て、まさに水を得た魚のようだ。いたずら紳士・藤戸さんは、紳士的かつ爽やかな笑顔を浮かべているが、決して止めてくれようとはしない。知ってた。勝ち目がないことは。

あれよあれよという間にiPhoneを奪われ、奴らはそれを奥山さんにパス。流れるような連携プレー。その流れのまま、浩さんにラリアットを喰らい、服のまま海に放り込まれる。ゲラゲラ笑いながら俺の脚を高く掲げ、さらに深く海に沈めてくる女豹たち。決して止めない紳士。

%e9%a4%8c%e9%a3%9f_3

とりあえず記念写真を勢いで撮られ、ビッチャビチャのクラウドで海から駆け上がり、「覚えてろ!ばーかばーか!」と切れ味鋭い捨て台詞を吐き、俺はブースに逃げ帰ったのだった。

%e9%a4%8c%e9%a3%9f_1

次から次へと襲いかかってくる刺客たちにより、HPもMPも尽き果ててしまった。ブースとかもうどうでもよくなってくる。

そして夜。今回の旅の仕掛け人「目力の奥山」の呼びかけにより、Onジャパン全員で前夜祭に馳せ参じた。

この前夜祭には、SUNNY FISH代表にして、宮古島におけるOnジャパン命の恩人、「ザ・金庫番」平松弘道も同席した。「ハマの仕留めるリスト」の最上段に入っている一方で、彼には足を向けて眠れない。今俺がここでビールを飲んでいるのも、彼のおかげと言える。緊張感で身の引き締まる思いだ。

3時間後、緊張感がどうのと思ったのも束の間。俺は散々にビールを飲み、カズはまたもやかき揚げを食らい、前夜祭は盛り上がりの中幕を閉じた。明日の大会もきっと楽しくなるであろう。

%e3%81%8b%e3%81%8d%e6%8f%9a%e3%81%92%e3%81%ae%e3%82%ab%e3%82%ba

さて、レース前夜の今、ポンコツチームOnの目標を再確認しよう。

「途中で消えない」(一走 ヒロキ)

「怪我に注意」(二走 カズ)

「笑顔でFinish!!」(三走 ヤスコ)

楽しければ全てよし。今回の旅の諸々を手配してくれた敏腕GMアキコと一緒に、4人で笑ってゴールしよう。

team-on-objective

第7話「またもMPゼロ、逃げ場なし」に続く

※ 笑いの刺客・河原勇人の「ふしぎなおどり」の直撃を喰らいたい猛者は、下の応援バナーのクリックをお願いします。MPの保証はしません。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

 - 沼津千本浜トライアスロン