さのーんまおーん、ドクにクララ、まどしげみか、名古屋人物相関図。

      2018/04/02

名古屋人物相関図

前回「佐野、故郷に錦。#MeetSanOnFriends in Nagoya」に戻る

 

3月22日(木)〜25日(日)の3泊4日、俺と佐野はクラウドモビールで名古屋に乗り込んだ。

主な目的は24日(土)〜25日(日)のスポーツデポ小牧店のイベント参加だったのだが、それ以外にもやたら盛りだくさんな旅であった。俺の第二の故郷であり、佐野を生んだ地でもある名古屋を最大限に満喫した、まさに #MeetSanOnFriends ツアーの名に偽り無しの結果を出したと言える。

 

3月22日(木)

佐野と佐野の奥さん「まお」と共に名古屋へ。この旅は #MeetOnFriends ツアーであると同時に、佐野夫妻の結婚式打ち合わせの旅でもあるのだ。

さのーんまおーん

 

車内カラオケを3人で楽しみつつ、昼前には名古屋に到着し、佐野とまおと別れる。彼らは深夜まで結婚式の打ち合わせなのだ。

佐野の実家は千種区にあり、義兄弟しげみか家にほど近いところにある。今日はみか師は仕事だが、しげ選手が休みなのは確認済み。「休みだし起こしちゃえw」とみか師から許可を得たので、マンション前にクラウドモビールを横付け。そして、ピンポン鳴らしまくる。

しげみか家_1

 

しかし、一切反応がないので携帯を鳴らす。「ふへ?家?え!?ヒロキいるの!?」と驚きの声をあげるしげちゃんの声にニンマリする。Deliver WOW 成功。

勝手知ったる第二の家に上がり込み、しばし旅の疲れを癒した後、ひつまぶしの「まるや」で昼飯を楽しんだ。

まるや_1

 

夜は名城公園でランニング。On取扱店「Interlaken」の定例イベントに混ざる。仕事を終えたみか師、ひつまぶしでエネルギー満タンのしげ選手、そしてしげ選手の会社の後輩の千村くん (チムチム) も参加し、インターバル練習で汗を流す。名古屋の #OnFriends と楽しく交流した後は、しげみかチムと一緒に居酒屋で深夜まで打ち上がったのだった。

名城公園ラン

しげみかチム

 

3月23日(金)

俺がしげみかチムと深夜まで飲んでいた頃、さのーんまおーんの打ち合わせも佳境に入っていたようだ。

10時間以上に及ぶハードな打ち合わせから一夜明け、やや疲労の色が見える佐野と共にスポーツデポ西尾店、スポーツデポ小牧店を巡る。スポーツデポ小牧店ではイベント会場の設営を行った。

スポーツデポ小牧_1

スポーツデポ小牧_2

 

スポーツデポ小牧店の設営を終え、俺たちは急いで平和公園に向かった。現場には5年来の友人のケンシロウが待っていた。そして、佐野のご両親とそのお友達も来てくれた。お父さんを一目見た瞬間、俺のあだ名センサーがバシッと反応する。

 

「ドク」

 

ここまで直感的、かつ最終的なあだ名付けができることは珍しい。どこからどう見ても、見れば見るほど、バック・トゥー・ザ・フューチャーのドク。英語を覚えるため、バック・トゥー・ザ・フューチャーを何十回と観た俺にとって、佐野のお父さんはまさに和製ドク。だとすれば、清楚な雰囲気の美人であるお母さんは、さしずめクララ。白髪を振り乱して走るドクの姿を見て、感涙にむせびそうになる。

ドク疾走

 

佐野とまおの初デート場所で記念撮影したり、コース途中で集合写真を撮ったら背後はガチのお墓だったり、佐野一派と仲間たちで和気あいあいと9km。

初デート場所

平和公園ラン

 

佐野の実家までドクとクララを送り、玄関前で記念撮影をしようとすると、ドクが指3本で独特の構えをする。どう見てもフレミング左手の法則です。本当にありがとうございました。

フレミング左手の法則

 

3月24日(土)

スポーツデポ小牧店、イベント初日。お店のエントランスの一番近くにクラウドモビールを停め、イベント感を醸し出してみる。

スポーツデポ小牧店

 

先日のスポーツデポ佐賀店のイベントでも思ったことだが、スタッフ同士の仲が良いお店は自然とお祭り感が盛り上がる。その楽しい雰囲気に乗せられるように接客していくと、いつの間にか売れていく。気がつけばイベント終了時間を1時間半ほど過ぎていた。

名古屋市内に戻り、台湾ラーメン専門店「江楽」へ。ここで再び佐野一家と合流する。台湾ラーメンといえば「味仙」が定番中の定番だが、ここ江楽の台湾ラーメンは味仙のそれを遥かに凌駕する。正直、店構えだけ見れば全く期待できなかったのだが、ここまでいい意味で裏切られたことはかつてなかった。

江楽

 

最高の台湾ラーメンを食べた後、佐野一家と共にカラオケへ。ここでまたドクに魅了されることになった。

目を剥いて歌う姿、常識では考えられない動き、奥義「フレミング左手の法則」、突発的にクララに突撃する嫁愛、その全てが「こんな男が親としてそこにいたら、さぞ目の上のタンコブだろう」と思わせるスター性に満ち溢れている。

佐野家カラオケ大会_2
※ 何故か俺に迫りくるドク。

佐野家カラオケ大会_7
※ 歌いながら目を剥くドク。こんなところもドクらしい。

佐野家カラオケ大会_3
※ 時速88マイルで突如目の前から消えるドク。

佐野家カラオケ大会_4
※ 次の瞬間にはクララに迫っているドク。

佐野家カラオケ大会_5
※ クララ引かないで。

 

佐野による「まおを落としたソング」も披露され、ドクのオンステージを堪能し、#MeetSanOnFriends 全開な一夜は更けていった。

さのーんまおーん_2

 

3月25日(日)

スポーツデポ小牧店、イベント2日目。

おそらくスポーツデポ史上初の試み。「マイキング」と呼ばれる店内放送を、他社の人間が行う。マイキングを行うのは、故郷に錦を飾った男・佐野。他のメーカーがいずれも尻込みする中、佐野だけは堂々とマイキングを敢行した。

マイキング

 

イベント終了後、佐野の実家でまおをピックアップし、横浜まで250kmの旅ふたたび。またも車内カラオケを楽しむ。宇多田ヒカルの「First Love」を桑田佳祐のモノマネでガンガン歌う、ドクの息子の嫁。ドクイズムの継承者が隣にいる限り、佐野は安泰だろう。

深夜1時過ぎ、横浜に帰還。佐野の、佐野による、佐野のための #MeetOnFriends in Nagoya はこうして終わりを告げたのだった。

クラウドモビール帰還

 

さて、4日間で起きたことをものすごくかいつまんで書いてきたわけだが、「キャラ増えすぎです」という声がFacebookのコメント欄に寄せられた。それはそうだろう。しげちゃんの説明をするだけで一苦労なのだ。名古屋関連の登場人物を説明すると、下記のようになる。最後の最後になって人物紹介とは、我ながら斬新だ。

 

まどか:
俺の妻。ド天然でゆるい性格。ブログ「私が走るとか世も末ですよ」(略称: 世も末) の著者。自らのことを屋号の「世も末」と呼ぶことがある。本来、ランニングなどに関連する出来事をつづるブログだったはずだが、すっかり「MDが喰らう」食べ歩きブログと化している。絵がうまい。

みか師:
まどかの妹。ド天然な姉を支えるしっかりものの妹。そのため、敬意を込めて「みか師」と呼ばれる。ブログ「みかけ通信」の著者。自らのブログを通じて、まどかを導こうとする姿はまさしく「師」。尋常ではない猫好き、そして芋好き。

しげ選手:
みか師の夫。なかなかの天然。俺のせいでトライアスロンの世界に足を踏み入れることになり、来月の宮古島トライアスロンに初参戦。そのためいつの間にか「選手」と呼ぶように。ビールが大好きでついつい飲みすぎる。絵がうまい。俺の親友のひとり。相棒はクラウドサーファー。

チムチム:
しげ選手の会社の後輩。物静かだが前向きに何にでもチャレンジしていく熱さを秘めている。先月の東京マラソンEXPOに単騎乗り込んできてくれたとき以来の縁。近い将来、しげ選手とトライアスロンをやることになりそうだ。相棒はクラウドフロー。

森川先生:
突如登場したこの方は、意外なところで繋がっていた。まどかの高校時代の恩師、そして佐野の高校時代の恩師。つまり、まどかと佐野は、同じ師を持つ姉弟弟子である。名古屋から戻る車内、「なんで浅井円と友達なんだ?」と佐野にLINEが入ったことでこの事実が発覚。まどかによれば、「ゴジラとかモスラとかが好きな特撮オタク」とのこと。

さのーん:
Onジャパンの新入社員。口癖は「よっしゃ!」「なんでですか!」。いつもおでこが光っているため、俺から「太陽拳の遣い手」と一目置かれる。いつも前向き。

まおーん:
佐野の妻。温和でやや天然。かわいい。Onジャパンに内定が決まった佐野にひっさらわれるように横浜に移住。おもしろそうなことをパッとやってくれるノリの良さを持つ。食えるタレント。

ドク:
佐野のお父さん。言わずと知れた不朽の名作「バック・トゥー・ザ・フューチャー」の登場人物、エメット・ブラウン (ドク) にクリソツ。ジャズに造詣が深い。カラオケでは桑田佳祐のモノマネが炸裂。佐野の「いつも前向き」な性格は、間違いなくこの方から受け継がれた。もはや「佐野のお父さん」ではなく、「ドクの息子がたまたま佐野」と言ってしまいそうなほどのスター性に満ち溢れている。

クララ:
ドクの妻、佐野のお母さん。清楚な美人。ランニングはほとんどしたことがなかったそうだが、9kmランをいきなり完走してしまうポテンシャルの持ち主。ドクが迫りくると逃げる。ちなみに、まどかの高校の先輩でもあるらしい。

 

ここまで書いてもまだ分かりづらいかもしれない。そこで、MDこと世も末ことまどかが絵に描いた。「名古屋人物相関図」の決定版と言えるだろう。これで名古屋はおさえたも同然。

名古屋人物相関図

 

次回「日本ほぼ全国を巡る壮大な #MeetOnFriends ツアー」に続く

※ そんなわけで最高の名古屋旅でした。下の応援バナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

 - On (オン)