宮古島挑戦記 2016 – 第9話「#セクシーとはこういうことだろう?」

      2016/10/23

Bang_3

第8話「Onジャパン設立」に戻る

「駒田君、On やめることになったから」と言われた2014年9月から数えて8ヶ月、Onジャパン設立プロジェクト「ビッグ・イン・ジャパン」は目標達成により解散となった。

しかし、当然のことながら、そこからが本番だった。会社設立後の挨拶回り、各取引先との口座開設手続き、店舗の販売応援と勉強会、新作受注会、新規開拓、ランニングイベント、3回のスイス出張。スイス大使館に呼んでもらい、パネリストとして喋ったりもした。そうして、2015年は全てが目の回るようなペースで進んでいった。

各取引先や関係各所の助けを得てなんとか2015年を終え、1年を振り返ってみる。つくづく、2015年は不思議な年だった。10年勤めた会社を半ば勢いで辞め、新しく設立した会社で前年の倍以上の結果を残すことができた。その点は非常に良かった。しかし、自分のレースという意味では散々な年であった。

8月に「アイアンマン・ジャパン北海道」にブース出展を行いつつ、選手としても参加した。遠藤さんカズさんが企画してくれた2度の「道志アタック (馬車道〜山伏峠を往復する190kmライド)」を命からがらこなし、宮古島のDNFの再現だけはしたくないと思いながら向かった洞爺湖。

しかし、結果はまたもやDNFであった。異常なまでのアップダウンのバイクコースに完膚なきまでに打ちのめされ、180kmのバイクを終えた直後のラン4km地点でタイムアウト。宮古島ではラン30km地点でDNF、洞爺湖ではラン4km地点でDNF。悔しさよりも先に、呆然としてしまった。

IM Japan 2015 start

しかし、その洞爺湖では嬉しいこともあった。それは、2度の道志アタックに同行してくれた友人・マッサの初アイアンマン完走。

彼のことは随分前から知っていたのだが、一気に仲良くなったのは、真夏の道志アタックから。溝の口で不動産会社「三島屋ハウジング」を経営する社長でもあり、遠藤さんとカズさんが共同主宰する「TEAM TRIATHLON BLUE-TRAIN」のメンバーでもあるマッサは、この2人に日々イジられ…もとい、鍛えられてきたようだった。

俺がDNFに終わってしまった洞爺湖は、準備を重ねてきた彼にとっての初アイアンマンでもあった。かける想いには並々ならぬものがあったと思う。山伏峠の最後の激坂、俺が一度登る間に二度登ったマッサを見て、気力も体力も遠く彼に及ばないことは知っていた。

アイアンマンのレース直前、マッサはいつも通り陽気で飄々としていたように見えた。そのとき撮った写真を見て、ふと思いついた言葉は「#セクシーとはこういうことだろう?」。俺にとって、マッサは大人の余裕と優しさをあわせもったナイスガイとなった。

Massa before IM

レース中、もちろんマッサは俺のずっと前を走っていた。だから、その姿は応援に専念していたカズさんから聞いたことや、写真などからイメージするしかない。元プロアスリートとしてレースを戦ってきて、「自分のレースでは泣いたことがない」というカズさんが、マッサのフィニッシュシーンでは思わず涙を流したという。

Massa the IM_3
Massa the IM_2
Massa the IM_1

フィニッシュラインでカズさんに抱きつき、号泣するマッサ。笑いながらも泣くカズさん。その写真を見ると、その場にいられなかった俺にもマッサの努力と想いが伝わった。それだけの積み重ねた努力と想いがなければ、アイアンマンにはなれないのだと理解した。だから、俺のDNFは当然の結果だったのだろう。

その後も俺はマッサのレースに注目し続けた。そして、川崎・東扇島のショートレースで撮られた一枚の写真を見て、俺は確信した。間違いない、#セクシーとはこういうことだろう?

Bang_2

2015年末、BLUE-TRAINの忘年会後、Onジャパンのディレクターズルーム (別名: トイレ) に貼られた一枚のポスター。東扇島で撮られた写真が、遠藤さんによってアメコミ調に変化させられたものだ。写真の中のマッサが、これまたアメコミ調に英語で語りかけてくる。

「#セクシーとはこういうことだろう?」
「#お前のハートにバキューン」

Sexy

ハートにバキューンと撃ち込んでくる、マッサ名物「バキューンポーズ」。もっと強くなって、来年の宮古島で俺もコレを使ってみたい。そしていつか、彼と同じレースで半笑いでコレをやるのだ。

自分一人だけの冗談のような誓い、これが2016年の宮古島に大きく影響することになる。

Bang

第10話「勝負の年の幕開け」に続く

※ 「#お前のハートにバキューン」をレースで使ってみようかなと思った方は、下の応援バナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

 - 宮古島トライアスロン2016