Onジャパン、しごとバーに参戦。ハマのダンディズムナイト。

      2016/11/29

%e3%83%8f%e3%83%9e%e3%81%ae%e3%83%80%e3%83%b3%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%ba%e3%83%a0%e3%83%8a%e3%82%a4%e3%83%88

前回「On クラウドレーサー、世界200以上の表彰台を飾ったシューズ」に戻る

遠い昔のような気もするが、今年の8月に新島に行ったとき、ひとつの出会いがあった。

新島に上陸したときに迎えに来てくれた爽やかなイケメン、ナカムラケンタさん。実は、彼は日本仕事百貨という、俺がこれまで見たことのないタイプの求人サイトを運営する会社の代表取締役であった。

%e6%97%a5%e6%9c%ac%e4%bb%95%e4%ba%8b%e7%99%be%e8%b2%a8

新島にいたときはひたすらポセイドン活動に邁進してしまっていたのだが、新島から戻ってから、この求人サイトがなんとなく気になり、コンテンツを見て回った。

ナカムラさんが説明していた通り、日本仕事百貨は会社のあるがままを紹介する求人サイトだ。その会社のいいところだけでなく、仕事の大変なところ、そこで働く人の思いや葛藤なども紹介している。だから、会社と働く人とのいい出会いが生まれているのだという。

日本仕事百貨は、求人の記事を載せるだけでなく、独自の企画を継続してやっている点も面白い。しごとバーという、色々な分野で働いている人をバーテンダーとして招き、そのバーテンダーと一緒に酒を飲みながら話を聞ける場所だ。企業側と求職者側が酒を飲み交わしながら話すなど、聞いたことがない。

%e3%81%97%e3%81%94%e3%81%a8%e3%83%90%e3%83%bc

その斬新さに感心した俺は、いつかくる日のために、その存在を頭の片隅で保管させてもらった。

そして、いよいよその日が近づいてきた。Onジャパン、5人目のメンバーの募集だ。

俺はナカムラさんに連絡を取り、Onジャパンの取材を申し込んだ。加えて、俺の中のアイデアを彼に伝えた。

Onジャパンの求人記事を載せるのと同時期に、「ゆるいけど率直な企業説明会」としてしごとバーをやらせてもらえないか、というアイデアだ。ナカムラさんは面白がってくれた。そうなると話は早い。とんとん拍子に企画は進んだ。

しごとバーは、「〜ナイト」というタイトルにするのが一応のルールらしい。「Onジャパンナイト」や「クラウドナイト」など、真面目でヒネリのないタイトルだと面白くないかなと思い、タイトル付けやイベント説明の文言はヤスコに任せてみた。そして出てきたイベントタイトル。

%e3%83%8f%e3%83%9e%e3%81%ae%e3%83%80%e3%83%b3%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%ba%e3%83%a0%e3%83%8a%e3%82%a4%e3%83%88

……

「ハマのダンディズムナイト」……

ヤスコめ、すっかりやわらか頭になってしまって……。

というわけで、ゆるい企業説明会として、「ハマのダンディズムナイト」を2016年12月9日(金)に開催することになった。バーテンダーは俺だけでなく、カズ、ヤスコ、アキコも含めた4人。

詳しい内容は、こちらから見て欲しい。申し込みは特にいらないようだ。その日、その時間になったら来てくれたらいいと思う。

「自分が書いた文とはいえ、ふんわりしすぎw これで人が集まるのか心配になってきました。。」

おいヤスコ、いまさら何を言うのだ。次は営業担当者なんだぞ。

次回「ハマのダンディズムの由来」に続く

※ 日本仕事百貨の求人記事もアップされ次第報告します。下の応援バナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

 - On (オン)