キラキラマリナ、リトリートからのリトリート。

      2019/01/09

チェンマイをひた走るマリナ

前回「Onあるある。#OnFriends はひかれあう」に戻る

 

昨年末、On随一のキラキラアンバサダーになった北川 麻利奈

キラキラマリナ

 

そのマリナは、昨年12月26日からタイに行っていた。彼女が親しくしているヨガインストラクターのJuriさん (じゅる) と一緒に。事前にその予定はマリナから聞いていたが、その際、彼女は耳を疑わんばかりの発言をした。

 

「年末年始わぁ〜、タイでぇ〜、じゅるちゃんとぉ〜、ヨガとマインドフルネスのリトリートぉ〜」

 

その謎の音節の塊が耳から頭に届き、脳みそがその意味を判断するかしないかの刹那、俺はこう言い返した。反射神経のなせるワザだったといっていい。

 

「この俺の前で!二度と!

 

『#リトリート』

『#マインドフルネス』

 

ついでに

 

『#気づき』

『#学び』

『#出会いに感謝』

 

って言うんじゃねぇ!!」

 

<関連記事>

北川 麻利奈、Onおふしゃるアンバサダー就任。おふしゃる。
北川 麻利奈 On アンバサダー就任記念、キラキラマリナ粉砕企画。
リトリートとはなんぞや。マインドフルネスとはなんぞや。返答せい。

 

しかし、俺のそんな切なる願いを無視し、マリナは浮かれながらタイへ飛び立っていった。「期待を裏切らないよう、思いっきりキラキラした旅にしよう!」とウキウキしながら日本を発った。

このあたりの描写はマリナのブログ「ENERGY LIFE」に詳しい。

彼女の旅の目的、そして彼女が半笑いでしきりに繰り返していた「リトリート」や薄笑いで語っていた「マインドフルネス」とはなんなのかと言えば、こういうことだそうだ。まるっと引用しておく。というか、引用しないと俺にも説明がつかない。

 

12/27〜1/1にかけて、ヨガとマインドフルネスを繰り返し行うプログラム。朝から夜までみっちりのスケジュールだけど、合間をぬってランニングもするなんともヘルシーな旅。

改めておさらいすると、マインドフルネスとは ”集中しつつもリラックスしている状態で、物事の良し悪しの判断などをしない” こと、リトリートとは ”非日常の空間に身を置き、時間の過ごし方を変えることで自分を見つめ直す” こと。

 

 

つまりあれか。俺にとっての空手だったりガンプラのことか。

あの頃の俺は、ガンプラに向き合っているときだけは「集中しつつもリラックス」した状態であったし、パンイチで汗だくになって正拳を繰り出していたあのリビングルームこそ「非日常の空間」であった。そして何より、「自分を見つめ直す」ことをやっていた。

 

そうか。マリナはじゅると精神をパンイチにしてリトリートしに行ったのか。マリナにとってのヨガは、俺にとっての空手みたいなものか。

そういうことであれば、応援してやらないこともない。さて、彼女はどうなったのか。


View this post on Instagram

‍♀️ Runtrip in Chiengmai. #running #run #runningwoman #runner #triathlon #triathlete #triathlontraining #onfriends #Chiengmai #thailand

Marina Kitagawaさん(@marinakitagawa)がシェアした投稿 –

 

 

全てのレクチャーが英語のため、聞き取るのに必死なわたし。でも、初日からマインドフルネスにおける講義内容が深すぎて英語死してしまった。
(CHIENGMAI TRIP① より引用)

 

初日は真ん中あたりに座っていたわたしは、2日目にはすでにビビってしまい最後列へ。
(中略)
早々に集中力を欠いてしまい、インスタ映えしそうな写真を撮りながら、瞑想中に ”集中しつつもリラックス状態” なのか、ただ寝落ちる寸前なのかわからない曖昧な時間を時々過ごす。
たぶん寝てた。

(CHIENGMAI TRIP② より引用)

 

夜の19時も回った頃、プログラムに飽きて (中略) 戻ってくると、スタジオ内の受講者たちが円になっていて、なんだかスピリチュアルな音楽が流れている。心なしかみんなの目がイッてしまっているようにさえ見える。
(中略)
明らかに異様な雰囲気を感じたわたしは、手で大きく❌を作り荷物取ってスタジオを出る。

(CHIENGMAI TRIP② より引用)

 

もはや理解の範囲を超えたアクティビティに早くもドロップアウトを決意したわたし。
(中略)
ひたすらチェンマイの街を走ってトレーニングしようと旅の目的を変更。
(中略)
走って美味しいものを食べて、毎日マッサージ。
これだけで十分にキラキラ。おほほほほ。

(CHIENGMAI TRIP② より引用)

 


View this post on Instagram

Marina Kitagawaさん(@marinakitagawa)がシェアした投稿

 

 

なるほど。

 

 

英語がしんどかったと。

英語がわからなすぎて寝ちゃったと。

だからトンズラして、走ってばかりいたと。

 

 

 

#リトリートからリトリート

※ Retreat: 撤退、退却の意。

 

 

 

そういうことだねマリナさん。

おかえり、日本へ。

 

次回「#OnFriends 投稿、7,000件突破」に続く

※ マリナ提供の初笑い。下の応援バナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

 - On (オン)