On パフォーマンスランニングギア (アパレル)「ランニングパンツ」

      2016/11/28

running-pants_5

前回「ウェザージャケット」に戻る

11月に入り、随分と寒くなってきた。もう少しすれば、ショートパンツで走るのが少ししんどくなってくる季節になる。

今回紹介したいのは、そんな季節に役立つOnパフォーマンスランニングギアのランニングパンツだ。

running-pants_1

最近、屋内・屋外を問わず、イベントの仕事でこのランニングパンツを着ることが多い。着てみて感じたのが、長時間着ているときでもストレスが少ないことだ。

Onのランニングパンツは、最初は履くのに少し手間取るかも知れない。いわゆるジャージのようなルーズな着用感ではなく、少しタイトめなフィッティングだからだ。感覚的には、パンツとタイツの中間くらい。だから、勢い良く「ズボッ」と履くのはオススメしない。というか、そうやって履こうとするとパンツが痛む。

running-pants_3

しかし、そういったタイトめな仕上げでありながら、履いているとストレスが少ないのは、随所に施された工夫によるところが大きい。その最大の理由は、パンツの各所で異なる素材を圧着加工によって組み合わせたところだろう。

このパンツの前部、腰から膝にかけては、身体を風雨から保護するべく、DWR (Durable Water Repellent = 耐久撥水) コーティングが施された4ウェイ・ストレッチ・ナイロンを採用している。UVカット効果もあわせもっている。

running-pants_6

前部膝下と後部は、高い伸縮性と透湿性を有しており、ランナーの自由な動きを妨げず、長時間着用していても蒸れにくい作りになっている。

running-pants_4

地味ながら個人的に素晴らしいと思った点が、膝を大きく曲げたときに分かる膝内側のメッシュ素材。このおかげで、タイトめなパンツにありがちな、「脚を曲げたときの突っ張るような感じ」がない。この機能はパンツの外観からではほぼ分からないが、着てしゃがんでみれば、一発でその良さが分かるだろう。

running-pants_2

さらに、最近のオシャレなパンツに備えられていないことが多いポケットもある。右ポケットはオープン、左ポケットは止水ジッパーで閉じられるようになっている。ポケットがあるのは本当に助かる。

メンズは「ネイビー/ブラック」の1色のみ、ウィメンズは「ネイビー」の1色のみ (2016年11月現在)。

on_folded-apparel_final_0146
on_folded-apparel_final_0151

パッと見は「カッコいい」と思えるだけかも知れないが、着てみればその本当の良さが分かる。「履いて、着てみて分かる」のはOnそのものだ。

running-pants_5

■ Onパフォーマンスランニングギア「ランニングパンツ」
メンズ: ネイビー/ブラックの1色。
ウィメンズ: ネイビーの1色。

次回「クライマシャツ」に続く

※ Onパフォーマンスランニングギアに興味を持ってくださった方は、下の応援バナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

 - On (オン)