On パフォーマンスランニングギア (アパレル)「クライマシャツ」

      2016/12/11

clima-shirt_womens_back

前回「On クラウドレーサー、世界200以上の表彰台を飾ったシューズ」に戻る

11月なのに雪が降ったり、今年は随分と寒い。ただ、今年はウェザージャケットランニングパンツのおかげで、寒いながらも快適に走れている。

それでも「ちょっと今日は寒すぎる」というときには、今回紹介する「クライマシャツ」の出番となる。

clima-shirt_image_1

クライマシャツを着てまず感じるのは、その肌触りの良さだ。断熱性・高透湿性・高伸縮性を両立させたポリエルテル/エラスティンの混合素材を使用している。その肌触りの良さのおかげで、下にTシャツを着ないでクライマシャツ単体でも快適だ。微細なベンチレーションパターンが施された生地は、汗を自然に吸い取り発散してくれる。

clima-shirt_mens_back-detail

少し涼しいときにはクライマシャツ単体で、厳しい寒さのときはウェザージャケットとセットで使ってみると、その性能の高さを実感する。特に、ウェザージャケットと組み合わせた場合、クライマシャツの断熱性の高さと優れた透湿性を感じ取ることができた。暖かい上に全く蒸れないのだ。おそらく、クライマシャツと組み合わせたとき、ウェザージャケットは真価を発揮するのではないだろうか。

ところで、メンズとウィメンズでデザインが大きく異なるのも、クライマシャツの特徴だ。首元のジッパー部分と背面が特に違う部分だ。

ジッパー部分で言えば、メンズは普通に真ん中にジッパーが配置されているのだが、ウィメンズは斜めに配置されている。ウィメンズの場合、ジッパーを下げたときに襟がヒラヒラしないよう、左鎖骨部分あたりに設けられたボタンに留めておくことができる。

clima-shirt_mens_front_2
clima-shirt_womens_front-detail

背面部分は、メンズとウィメンズの一番大きな違いだ。全体に微細なベンチレーションパターンが施されているのはどちらも同じだが、ウィメンズは背面の中央が二重構造になっている。色の変わっているところがそれだ。これによって、断熱性・吸水性・透湿性をさらに高めている。デザイン的にもカッコいい。

clima-shirt_mens_back_2
clima-shirt_womens_back

クライマシャツは、メンズ2色、ウィメンズ2色で展開している (2016年11月現在)。

クライマシャツ メンズ ストーム/ネイビー
clima-shirt_mens_storm_navy

クライマシャツ メンズ ネイビー/ブラック
clima-shirt_mens_navy_black

クライマシャツ ウィメンズ ストーム/ネイビー
clima-shirt_womens_storm_navy

クライマシャツ ウィメンズ グレー/ホワイト
clima-shirt_womens_grey_white

年間を通じて活躍してくれるように作られたクライマシャツは、これからさらに出番が増えてくることだろう。

clima-shirt_image_2

■ Onパフォーマンスランニングギア「クライマシャツ」
メンズ: ストーム/ネイビー、ネイビー/ブラックの2色。
ウィメンズ: ストーム/ネイビー、グレー/ホワイトの2色。

次回「クラウドフローと非日常」に続く

※ Onパフォーマンスランニングギアに興味を持ってくださった方は、下の応援バナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

 - On (オン)