いかにもOnっぽい写真。

      2017/10/30

Onポーズ_鳥取砂丘

前回「On取扱店の検索方法、パソコン編」に戻る

 

秋のOn祭りの準備は大詰めを迎えつつある。

新作発売の準備を進めつつ、各種イベントの準備、新店舗のオープン準備と勉強会、そのあたりが現在のメインの仕事になっている。

先週は九州沖縄巡業を3日かけてやってきたのだが、今日は日帰りで鳥取に行ってきた。人生初の鳥取。鳥取といえば砂丘。2時間半の勉強会を終え、帰りの飛行機までさほど時間はなかったのだが、どうしても砂丘を見たくなり、タクシーに乗った。

タクシーは普通の道路を普通に走って行った。てっきり、サハラ砂漠のミニチュア版みたいなものが道路を侵食してドーンと現れるのかと思ったが、そうではなさそうだ。普通の街を過ぎ、少し大きめな駐車場にタクシーは停まる。観光地の駐車場といった感じだ。これまた普通。思わず運転手さんに疑問を呈する。

 

「あれ?ここ砂丘なんですか?」

 

「あの階段を上ってみて。そしたら見えるから」

 

普通の公園にあるような階段を普通に上る。階段を上りきると突如、非日常な景色が目の前に広がった。夕陽に照らされた広大な砂丘。砂丘の向こうには海も見える。なんだか夕陽が大きく見える。素晴らしい、これが鳥取砂丘。

この鳥取砂丘と夕陽で「いかにもOnっぽい写真」を撮ってみたい。すると、2016年1月1日、名古屋で初日の出を見たとき、とっさにやった撮り方を思い出した。

1st sunrise 2016

 

同じような感じで、鳥取砂丘に沈む夕陽を撮ってみる。なかなかいい。ソールに穴が空いているOnにしかできない写真だ。

Onポーズ_鳥取砂丘

 

5分間だけの砂丘滞在を終え、俺はそのまま横浜に帰ってきた。少し疲れていたが走りたくなり、鳥取に履いて行ったクラウドをそのまま履いて外に出た。

臨港パークを走っていると、強いフラッシュライトを見つけたので、サッとクラウドを脱ぐ。またさっきのやつをやってみよう。

Onポーズ_夜

 

これも悪くない。ただ、太陽に比べると少し撮るのが難しい。フラッシュライトの光を、CloudTec®の穴にキッチリ通すようにしないとうまくいかない。太陽はそんなこと気にしなくても、いい感じの写真が撮れる。

これまでは、CloudTec®の溝に指を挟んだ写真をよく撮っていた。これもOnでしか撮れない写真で、とてもOnっぽいからだ。これは、俺の中で「いかにもOnっぽい写真」第一弾であった。

雲を集める旅2017
※ CloudTec®の溝に指を挟んでバランスをとるのがコツ。

 

今日ついに、「いかにもOnっぽい写真」第二弾が生まれたことになる。地味に嬉しい。誰か試してみてくれないかな。#OnFriends のハッシュタグをそえて。

 

次回「RUN+TRAIL、OCC参戦のヤスコを取材」に続く

※ Onをお持ちの方は是非やってみてください。ものすごく喜びます。下の応援バナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

 - On (オン)