Onの最高執行責任者マーク・マウラー、来日。

      2018/08/17

マークのチームラン

前回「#OnFriends 投稿、4,000件突破」に戻る

 

昨日一昨日の2日間、On本社のCOO (最高執行責任者) マーク・マウラーが来日していた。

日本に到着した一昨日は、Runtrip 大森社長 (英ちゃん)  からの取材を受けたマーク。Onの哲学や企業文化などについて、大いに語ってくれた。その模様は、追ってRuntrip Magazine に掲載される。

Runtrip取材

 

昨日は、物流倉庫や大事な取引先とのミーティングを終え、カズヤスコトシ佐野トムとチームランに出て行った。俺は足首をグネって療養中なので、残念ながらお留守番。

マークはフルマラソンを2時間40分そこそこで走る、筋金入りのランナーだ。COOとして忙しい生活を送りながら、時間を捻出して今も週40kmのランニングを楽しんでいる。

Onのシューズの商品開発では、開発者のオリヴィエが最初のテストランナーで、マークが二人目のテストランナーなのだ。ランナーとして、Onでは、オリヴィエ、マーク、そしてトシが3強だろう。

だから俺は知っている。マークが「軽く走りに行こう」と言うときは、距離は少なくとも10km、ペースは遅くともキロ5分だということを。ちなみにオリヴィエの場合、距離は未定、ペースはキロ4分前後だ。しんでしまうわ。

 

「じゃあ行ってくるよー」

「はーい、行ってらっしゃーい。楽しんでー」

 

にこやかに彼らを送り出し、俺はその後のみんなの奮闘に想いを馳せたのだった。

 

 

50分後。まず全身ビチャビチャのヤスコとトムが帰還。どうやら、ショートカットして帰ってきたらしい。

さらに10分後、マーク以外の全員帰還。息も絶え絶えの彼らから、詳しく話を聞いてみた。要点は下記の通り。

 

<山下公園にて>

マーク「ヤスコはどこに行った」

カズ「ショートカットしてます」

マーク「よしボーナスカットだ」

マークのチームラン_2

 

 

<大桟橋にて>

マーク「リョウはどこに行った」

カズ「あそこの坂で遅れてます」

マーク「よしボーナスカットだ」

さのーん奮闘

 

 

<港の見える丘公園に向かう激坂にて>

トシ (まだついてくる……)

マーク「……」

トシ (もう一回スパートかけよう)

マーク「………!」

 

 

ヤスコ「どっちが勝ったの?」

トシ「ぼくです」

マーク「別に勝ち負けじゃねーし!一歩差だし!!」

マークのチームラン_3

 

予想した通り、なかなか激しい展開になったようだ。

もし足首をグネっていなかったとしたら、俺はそのルール無用の残虐ファイトのど真ん中にいたことだろう。ボーナスカットどころでは済まなかったはずだ。この爽やかな写真に騙されてはいけない。

マークのチームラン

 

夜はチームディナー。ゲストとして、先日退職したアキコを招待した。今もこうして来てくれるのがありがたい。

チームディナー

 

ビールと日本酒とワインの飛び交うディナーを終え、今日、マークはスイスへ戻っていった。

明日のRuntrip via Yokohamaを終えてから、俺も日曜日にスイスへ飛ぶ。Onのさらなる成長を語り合う、年に1回のワークショップが待っている。

 

次回「On クラウドX ウルトラバイオレット、数量限定発売。雲の上のさらに向こうへ」に続く

※ さのーんは一生懸命走ったことが評価され、ボーナス支給が決定したそうで。よかったよかった。応援バナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

 - On (オン)