On クラウドベンチャー ピークについて。

      2017/03/24

Cloudventure Peak_Swiss Alps

前回「クラウド モノクロームエディションのペルソナクイズ」に戻る

 

今日、2017年3月23日(木)に新モデル「クラウドベンチャー ピーク」が世界同時発売となった。

Cloudventure Peak_Swiss Alps

クラウドベンチャー ピークは、現在発売中の「クラウドベンチャー」シリーズのコンペティション・モデルという位置付けだ。

クラウドベンチャーの詳細については、「On クラウドベンチャー、誕生の経緯」「クラウドベンチャーのスペック詳細」を読んでもらいたいが、簡単にまとめると下記の3つ。

 

1. 美しい日の出に間に合うよう、より速く山頂にたどり着ける軽量性。

2. 突然の悪天候に見舞われても滑ってしまわないよう、信頼性のあるグリップ力。

3. 暗くなる前に家に帰れるよう、山頂から駆け下りても脚を守ってくれるクッション性。

 

これらは、On共同創業者のオリヴィエ・ベルンハルドが、「完璧なトレランシューズに必要な3要素」として考えたものだ。クラウドベンチャーを発表した時点で、既にこの3要素を満たせているとオリヴィエは確信していた。

そして、このクラウドベンチャーの3要素の中で、特に「軽量性」を突き詰め、ブラッシュアップしていったものが、「クラウドベンチャー ピーク」だと言える。

Cloudventure Peak_detail_2

その結果生まれたクラウドベンチャー ピークは、市場で販売されているトレイルランニングシューズの中でも、最も軽量なもののひとつだろう。メンズの26.5cmで260g、ウィメンズの24.0cmで210gだ。

その軽量性の理由として大きいのは、そのアッパー構造が挙げられる。薄く超軽量のリップストップ (裂け防止) 素材を使用している。この素材は、パラシュートなどに使われているそうだ。パラシュートが空中で破れてしまったらとんでもないことになる。それに使われる素材の強度、信頼性は言うまでもない。

軽量であっても強度の高いアッパー素材は、あらゆる方向・角度から足に負荷のかかる高速トレイルランニングにおいて最適なものだ。

Cloudventure Peak_detail_1

 

素材自体が強度の高いものだが、コンペティションモデルであるクラウドベンチャー ピークには、スピードに対応するさらなる補強が施されている。外見からはほとんど見えないが、より負荷のかかる箇所にテープ補強を施しているのがそれだ。これが、理想的なフィット感・ホールド感を実現する。

また、不整地を走るトレラン用なため、足を守るための保護カップをつま先部分と踵部分に装備している。ただし、重量を極力増やさないよう、通常のクラウドベンチャーのそれに比べれば必要最小限だ。

Cloudventure Peak_detail_3
※ つま先部分の保護カップ。よく見るとテープ補強がうっすら分かる。

Cloudventure Peak_detail_4
※ 踵部分の保護カップ。

 

クラウドベンチャー ピークのミッドソールに内蔵されたスピードボード (足の形をした板バネ) は、クラウドレーサー並みに圧縮された特殊樹脂を使用している。このスピードボードが、不整地であっても爆発的な蹴り出しをサポートする。さらに、悪路による突き上げから足を守る働きもする。

Cloudventure Peak_detail_5

 

そしてもちろん、Onの世界特許技術「CloudTec® (クラウドテック)」システムが、ダウンヒルの衝撃から脚を守ってくれる。このCloudTec®ひとつひとつに刻まれたグリップパターンが、過酷なコンディションにあっても、ソフトな着地爆発的な蹴り出し、そして強烈なトラクションを両立してくれる。

Cloudventure Peak_detail_6

 

「On クラウドベンチャー、誕生の経緯」でも書いたが、Onが生まれたスイスという国では、街と自然との境目が驚くほど少ない。ロードを走っていたはずが、いつの間にかトレイルを走っていることはよくあることだ。ロードとトレイルがシームレスなランニング環境が、スイスという国なのだ。

そういう環境で生まれたクラウドベンチャーシリーズは、トレイルを走れるというだけでは満足しない。ロードでも違和感なく走れなければ、スイスのランニング環境では使いづらい。

クラウドベンチャー ピークも、当然同じ思想で設計されている。是非、街でもこれで走ってみて欲しい。そのフレキシブルなソールの感触は、ロード用ランニングシューズと言われても違和感はないはずだ。

Cloudventure Peak_road running

 

クラウドベンチャー ピーク フレイム/シャドー (メンズ・ウィメンズ共通カラー)

Cloudventure Peak

 

次回「クラウドフラッシュとクラウドベンチャー ピークの共通点」に続く

※ クラウドベンチャー ピークに興味を持っていただいた方は、下の応援バナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

 - On (オン)