On クラウドフローについて。

      2018/07/20

shortcut-to-runners-high

前回「ランニングパンツ」に戻る

 

(2018年7月20日追記・修正)

2016年11月に発売された「クラウドフロー」は、発売から1年半経った今では、押しも押されもせぬOnの定番モデルとなった。

18SS On Cloudflow Editorial Moss | Lime 0674

 

クラウドフローは、非常に軽い上に反発力に優れたパフォーマンスシューズだ。

クラウドフローの「CloudTec®」(アウトソールの3D形状) は、クラウドと同じEVA製の「ゼロ・グラヴィティ・フォーム」からできている。その意味では、クラウドフローはクラウドと同じ系統に属する。

また、クラウドと同様に、「スピードボード」(足の形をした板バネ) がCloudTec®に直結しており、ミッドソールが排された構造になっている。非常に軽量なのはそのためだ。

Cloudflow_Cloud_1
※ 画像上がクラウドフロー、下がクラウド。

 

クラウドとクラウドフローのソールの大きな違いと言えば、CloudTec®の厚みと数だ。

大雑把に言えば、クラウドのCloudTec®を少し薄くして、その代わりに数を多く配置したのがクラウドフロー。ちなみに、クラウドのCloudTec®は16個、クラウドフローのCloudTec®は18個となる。

CloudTec®が薄くなって数が多くなったことで、着地した後にひとつひとつのCloudTec®が細かく連続して潰れていく。すると、前方への重心移動がしやすくなる。これで「いつの間にか前に進んでいた」という感覚が生まれやすくなる。

Cloudflow_Cloud_2
※ 画像左がクラウドフロー、右がクラウド。

 

また、クラウドと比較して、クラウドフローのスピードボードの方がより強化されており、反発力が高い。スピードボードだけで言えば、クラウドサーファーと同レベルの反発力だ。

CloudTec®とスピードボードの違いは、感覚的に言えば下記のような走り心地の違いを生み出す。

・クラウド: 着地の「フワッと感」が比較的長く続き、その後、軽量性を生かして軽快に前に進める。

・クラウドフロー: 着地の「フワッと感」がクラウドよりやや短く、着地の直後、ローリングするように「グッ」と前に押し出される。

「世界最軽量のクッショニングシューズ」とまで言われているクラウドは、普段履きからレースまで幅広く使えるのは実証済み。そのクラウドのパフォーマンス色をさらに濃くしたのがクラウドフローだと言える。

Cloudflow Malibu Curacao

 

クラウドフローの特徴はこれだけではない。アッパーにも大きな特徴がある。クラウドフローのアッパーは、クラウドサーファーで好評を博した二重構造の「エンジニアード・メッシュ」を採用している。この二足を並べてみると、非常に似ているのが分かる。

Cloudflow_Cloudsurfer
※ 画像奥がクラウドサーファー、手前がクラウドフロー。

 

クラウドサーファーでランナーから特に好評なのは、「包み込むようなアッパーのフィット感」「高速走行時のサポート感」だ。二重構造のインナー部分がソックスのように働いて足を包み込み、アウター部分が過不足なく足をホールドしてくれる。

クラウドフローでは、このアッパー構造を採用した。これによって、クラウドに近いレベルの軽量性、クラウドサーファーに近いレベルの反発力とホールド感をあわせもったことになる。クラウドとクラウドサーファーのいいとこ取りのようなイメージだ。

もっとも、アッパーが二重構造になっている分、初代クラウドほど軽くはない。26.5cmの初代クラウドが198gなのに対し、同サイズのクラウドフローは230gだ。ただ、新型クラウドは230gなので、初代クラウドが軽すぎるだけなのかも知れない。

クラウドフローは、メンズ4色、ウィメンズ4色で展開している (2018年7月現在)。定番カラーから爽やかなカラー、あるいはちょっとひねりの効いた他では見られないようなカラーまで、幅広い。

 

クラウドフロー ウィメンズ ブラック/ホワイト
Cloudflow Women's Black White

クラウドフロー ウィメンズ アーモンド/グレー
Cloudflow Women's Almond Grey

クラウドフロー ウィメンズ ドーン/ジェイド
Cloudflow Women's Dawn Jade

クラウドフロー ウィメンズ マリブ/キュラソー
Cloudflow Women's Malibu Curacao

クラウドフロー メンズ ブラック/アスファルト
Cloudflow Men's Black Asphalt

クラウドフロー メンズ リバー/ネイビー
Cloudflow Men's River Navy

クラウドフロー メンズ ペトロール/ネオン
Cloudflow Men's Petrol Neon

クラウドフロー メンズ モス/ライム
Cloudflow Men's Moss Lime

クラウドフローのキャッチコピーは、「SHORTCUT TO RUNNER’S HIGH」(ランナーズハイへショートカット)

さて、自分はランナーズハイを感じられるだろうか。来週、オリヴィエからランナーズハイへのさらなる近道を聞き出してみよう。

 

次回「On クラウドのゴム紐、地味だけど使える裏技」に続く

※ クラウドフローに興味を持っていただいた方は、下の応援バナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

 - On (オン)