クラウドフローのカラーバリエーション (2018年1月現在)。

      2018/01/31

Cloudflow_lifestyle_2

前回「2月10日、Victoria Run on clouds. カズトシ佐野と俺」に戻る

 

2016年11月発売から1年3ヶ月ほど。クラウドフローはOnの定番として、完全に定着した感がある。

クラウドフローを端的に表現すれば、「クッションと反発のバランスが際立って良い超軽量シューズ」だろう。2017年2月にISPO Munichで金賞を受賞したことは、その後の人気を占う出来事だった。

ハビエル・ゴメスやティム・ドンなど、世界のトップアスリートが履いて勝っている事実も、クラウドフローが単なるトレーニングシューズにとどまらないパフォーマンスを秘めた1足だということを示している。

身近なところだと、鎌田 和明佐野 亮前原 靖子がそれぞれ「好きな1足」としてクラウドフローを挙げていた。

世界の鎌田_1

佐野亮_3

ヤスコ_沖縄100K_3

 

当初はメンズ2色・ウィメンズ2色のみで展開がスタートされたクラウドフローだったが、あれからカラーバリエーションも徐々に増えてきた。ベーシックなカラーから、「どうやってそのカラー思いついたの?」というような攻めたものまで、幅広くなっている。

 

<メンズ ブラック/アスファルト> 既存カラー
Cloudflow_BlackAsphalt


<メンズ オレンジ/グレーシャー> 既存カラー

Cloudflow_OrangeGracier

<メンズ ペトロール/ネオン> 2017年11月発売新カラー
クラウドフロー ペトロールネオン

<メンズ リバー/ネイビー> 2017年11月発売新カラークラウドフロー リバーネイビー

<ウィメンズ ブラック/ホワイト> 既存カラー
Cloudflow_BlackWhite

<ウィメンズ アトランティス/フレイム> 既存カラー
Cloudflow_AtlantisFlame

<ウィメンズ アーモンド/グレー> 2017年11月発売新カラークラウドフロー アーモンドグレー

<ウィメンズ ドーン/ジェイド> 2017年11月発売新カラークラウドフロー ドーンジェイド

 

普段履かなそうな攻めたカラーでも、一度足に入れてみて欲しいと思う。シューズだけ「ポン」と置いてあるのを見るのと、実際に足に入れた状態で見るのとでは、不思議と違った雰囲気に見えることも多い。

そして、履いたときの方がカッコよく見えることが多い、と個人的には思う。

Cloudflow_lifestyle_2

 

次回「クロストレーニングに最適なOn、クラウドX」に続く

※ ペトロール/ネオンが個人的には好きです。アーモンド/グレーを履いた人に会ったら、きっとテンションあがります。下の応援バナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

 - On (オン)