On クラウドエースについて。

      2018/06/21

Cloudace Shadow Rust

前回「Onジャパン、ファイナンスチームを作ります。募集開始」に戻る

 

2018年6月21日(木)、「Onの切り札」とも言える新商品が発売される。名前は「クラウドエース」

Cloudace Shadow Rust

クラウドエースは、1足でどんな走りでもこなせることを求める、言ってみれば「ランニングシューズに対する要望が最も厳しいランナー」に向けて作られた1足だ。

ロングランに耐えられるクッション性と安定性と快適性、インターバルに対応する応答性、スプリントもやれてしまう爆発的な反発性、それら全ての性能を1足に同居させたのが、このクラウドエースだ。

Cloudace editorial_2

Onの独自技術である3D形状のアウトソール「CloudTec®」システムは、クッション性と反発性を世界で初めて両立させたことを理由に、世界特許を取得している。優れたクッションを備えながら、同時に力強い蹴り出しを実現した技術だ。そのCloudTec®システムは、大まかに2つの系統に分かれている。

 

クラウド系: EVAからできた「ゼロ・グラヴィティ・フォーム」のCloudTec®。フワッと柔らかいクッションと軽量性を生かした、軽快な走り心地が愉しめる。他に、クラウドフロー、クラウドフライヤー等。

クラウドサーファー系: ラバーからできた「リバウンド・ラバー」のCloudTec®。カチッとしたクッションと鋭い応答性を生かした、力強く弾むような走り心地が愉しめる。他に、クラウドラッシュ等。

 

クラウドエースがこれまでのOnと最も異なるのは、この2系統をあわせ持っている点だ。

ヒールからミッドフットにかけては幅広で大型のゼロ・グラヴィティ・フォーム、ミッドフットからフォアフットにかけてはリバウンド・ラバーを採用している。着地の瞬間は、フワッとしつつ安定感が高い。そして、蹴り出しの直前、弾むような感覚に切り替わる。この変化は、2系統のCloudTec®をあわせ持たせたことが大きな理由となっている。

Cloudace detail_1
※ 後ろ半分がEVA、前半分がラバーのCloudTec®

 

CloudTec®と並ぶOnの独自技術に、「スピードボード」というものがある。これは、足の形をした板バネのことだ。着地して蹴り出そうとする際、この板バネがしなり、身体を前方に押し出してくれる役割を果たす。

クラウドエースのスピードボードは、クラウドフラッシュと同じPebaxという特殊素材を使っている。Pebaxというのはスキー板などに使われる素材で、圧倒的な弾性と剛性が特徴だ。着地の衝撃をエネルギーとして溜め込み、前方への推進力として放出するスピードボードの素材として最適といえる。クラウドフラッシュのスピードボードと違う点は、より幅広で厚みがあるというところだ。これにより、素晴らしく高い安定性と鋭い推進力を得ることに成功している。

Cloudace detail_2
※ CloudTec®の下に見える赤い部分がPebaxのスピードボード

 

鋭い推進力を得て爆発的に前に進む際、最も大事なのは踵部分のホールド感だ。開発責任者のオリヴィエは、特にそこを重視している。「着地する前に全てが決まっている」とすら言い切る。そこで、踵部分に外付けのヒールカップを採用した。踵のホールド感は、これまでのOnの中で最高レベルとなっている。

Cloudace detail_4
※ 樹脂製のヒールカップ

 

加えて、足首や踵の当たる内側には、3Dパッドが配置されている。外付けのヒールカップだけでなく、内側からも足のホールド感を高めている。もちろん、快適性を向上させる意図もある。ただし、キッチリとした足入れ感のため、もしかしたら今履いているOnよりやや大きいサイズを選んでもいいかも知れない。俺の場合、通常は26.5cmを履くのだが、クラウドエースでは27.0cmを選んだ。

Cloudace detail_3
※ クラウドXでも採用された3Dパッド

 

クラウドエースは、アッパーにも抜かりがない。非常に足当たりの優しいソックス状の素材と、サポート力と通気性と軽量性をあわせ持ったエンジニアードメッシュを一体化させた。また、ポリウレタンとEVAを組み合わせたクッション性に優れたインソールも採用している。

Cloudace editorial_1

 

クラウドフラッシュを作ったときにも言われたことだが、クラウドエースを開発する際にも、「コスト度外視で最高の履き心地、ジョガーからオリンピックメダリストまで誰もが納得できる1足を生み出す」という姿勢で、最高の技術と素材を投入した。クラウドフラッシュ開発の際に得られた技術と経験を、より幅広い層のランナーに向けたのだ。

だから、このシューズは「Onにとっての切り札」「ランナーにとっての切り札」になることを願って、クラウドエース (切り札) と名付けられた。

エースを名乗るからには、半端なものは許されない。Onの切り札を、是非お店で試して欲しい。それが、あなたの切り札になれば嬉しい。

 

クラウドエースは、メンズ2色、ウィメンズ2色で発売される (2018年6月現在)。

 

<クラウドエース メンズ シャドー/ラスト>
Cloudace Shadow Rust_side

<クラウドエース メンズ アイビー/セージ>
Cloudace Ivy Sage_side

<クラウドエース ウィメンズ ルビー/ラヴァ>
Cloudace Ruby Lava_side

<クラウドエース ウィメンズ シャドー/ロック>
Cloudace Shadow Rock_side

次回「夏のOn祭り、スポーツデポ60店舗に拡大」に続く

※ Onの切り札に興味を持ってくださった方は、下の応援バナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

 - On (オン)