Onアパレル、冬のおすすめ。

      2017/02/15

On Weather Jacket Womens_1

前回「東京マラソンEXPO、On名物『Run Japan』グッズ」に戻る

 

東京マラソンEXPOではシューズだけでなく、昨年夏に発売したばかりのパフォーマンスランニングギア (アパレル)も販売する。先日のISPOで受賞したハイブリッドショーツも、もちろん販売する。

ISPO_Hybrid Shorts

 

ハイブリッドショーツは、暖かくなったら確実に使い倒すアイテムなのだが、なにしろまだ寒い。ショーツを買う気になれない人もいると思う。というか、普通この時期にショーツを買いたいと思わないかも…。

そこで、まだまだ寒いこの時期にオススメのアイテムを提案したいと思う。ズバリ、3つ。

  1. ウェザージャケット
  2. ランニングパンツ
  3. クライマシャツ

この3つがあれば、冬のランニングはほぼ完璧に対応できる。ちょっとした風雨、雪、あるいは近所の山であってもだ。グローブがあればさらに万全なのだが、残念ながらOnはまだアクセサリーの展開はない。

 

ウェザージャケットは、非常に軽く防風・撥水加工が施されている上に、優れた通気性もあわせ持っている。実際に着てみると分かるのだが、風雨から重点的に守って欲しい箇所、動きを妨げて欲しくない箇所、それぞれに異なる素材を用いている。そして、それを圧着加工しているため、シームレスに一体化している。胸回りには360°ベンチレーションが施されているため、暖かいのに蒸れずに快適だ。

On Weather Jacket Womens_1
※ モデル着用: ウェザージャケット、ランニングパンツ、クラウドサーファー。

 

ランニングパンツは、まさに「履けばわかる」モデルだ。デザイン的に優れたややタイト目のフィッティングなのに、脚を動かしたときのストレスがまるで無い。異素材を必要に応じて配置しており、風雨から守ってくれるのに動きを妨げないからだ。全部ナイロン的な素材だと脚を曲げたときにつっぱる感じがするものだが、Onのランニングパンツは膝にインナーメッシュを配置しており、膝を曲げたときに余裕が出るようにしている。これが、「フィットするのに動きやすい」装着感を実現している。

running-pants_2

 

クライマシャツは、いわゆる長袖Tシャツだ。なんといっても、まず肌触りが良い。断熱性・高透湿性・高伸縮性を両立させた混合素材を使用している。その肌触りの良さのおかげで、下にTシャツを着ないでクライマシャツ単体でも快適だ。微細なベンチレーションパターンが施された生地は、汗を自然に吸い取り発散してくれる。

このクライマシャツは単体でも優秀なのだが、おそらく真価を発揮するのはウェザージャケットとセットアップしたときだろう。ウェザージャケットと組み合わせると、クライマシャツの断熱性の高さと優れた透湿性を最大限に感じることができる。暖かい上に全く蒸れないのだ。そして、この2つを組み合わせたときがデザイン的にも収まりがいい。これは組み合わせて着てみなければ分からなかったポイントだった。

%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a2%e3%83%bc%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%9e%e3%83%b3_2

 

Onのシューズは「履けばわかる」のだが、アパレルも「着ればわかる」と自信をもってオススメできる。是非、EXPOブースで試着してみて欲しい。

 

次回「東京マラソンEXPO、Onブース。そしてあの男が来日」に続く

※ アパレルが欲しかったけど在庫がなかった、という方は是非EXPOへ。下の応援バナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

 - On (オン)