松丸真幸 vs 河原勇人 in 宮古島。

      2017/01/29

2008年宮古島_デッドヒート

前回「松丸真幸 vs 鎌田和明22歳 in 徳之島」に戻る

 

「はっ…腹が……(泣) 」

 

「いや〜、1秒しか勝ってないのによく言ったよね、俺(笑) 」

 

 

名言「これがプロとアマの差だ」を徳之島で炸裂させた松丸さんは、実は内心ちょっとだけ焦ったらしい。そして、カズから離れたときに全力でハアハア。

それを聞き、俺は腹がよじれるかと思うほど笑う。武人の雰囲気を漂わせる松丸さんが、まさかそっちもイケるクチだったとは。

2006年徳之島_1

 

松丸さんのトークの虜になってしまった俺は、次から次へと質問をした。レース中のおもしろトラブルの話も実に豊富だ。トップ選手でもレース中に「まさか」というような失敗をして焦ることはあるらしい。

松丸さんや浩巳さんから話を聞いていると、あっという間に時間は過ぎてしまった。お子さんがそろそろ眠そうになってきたので、ミーティングをお開きにしようとしたとき、俺はとっておきの質問をしてみた。

 

「松丸さん、河原さんと宮古島で戦ったときの話。。。」

 

「ああっ!あのときね。。。」

 

2008年、宮古島トライアスロン。

バイクで2位の河原勇人選手を引き離し、13分差でランをスタートした松丸選手。しかし、得意のランに全てを懸けた河原選手が、ここから怒涛の追い上げを見せた。

ラン35km地点、ついに河原選手が松丸選手を捉える。並ばれた松丸選手としても、3年ぶりの優勝獲得に燃えている。おいそれと譲るわけにはいかない。

2008年宮古島_デッドヒート

 

河原選手に並ばれた瞬間、ポツリとつぶやく松丸選手。

 

 

 

 

「このおれをなめるなよ ( ̄ー ̄) 」

 

 

 

すかさず返事をする河原選手。

 

 

 

「はい!! (^▽^)/ 」

 

 

 

すでに俺の腹はよじれ切っているが、涙目になりながら松丸さんに質問をした。

 

 

「ちょっ、ちょっとまって。。『はい!』って言ったんですか、河原さん。。。?w

 

『なめるなよ』と言われて『はい』って。。素直。。。ww」

 

 

「そうなんですよ、あいついい奴でねぇ。。。」

 

 

「それからどうなりました?」と続きを促す。最高のオチが待っていることを期待して。

 

 

 

「あいつ、元気になっちゃって、そのまま置いていかれましたw」

 

 

 

「おれをなめるなよ」とつぶやかれた瞬間、ロングスパートをかけた河原選手。食らいつこうとするも、元気百倍になった河原選手についていくことは叶わない。

そして河原選手は念願の初優勝。7時間44分31秒。松丸選手は2位となった。

 

2008年宮古島_河原勇人優勝

 

 

 

「言わなくていいこと言っちゃって負けましたww」

 

 

「はっ…腹が…たしけて……(泣)」

 

 

 

こうして、松丸さんに笑い殺された俺とカズ。

イケるクチどころの話ではない。鋭さの中に圧倒的な面白さを秘めた漢の中の漢、松丸真幸。

伝説の名言「これがプロとアマの差だ」「このおれをなめるなよ」でOnジャパンに深い笑いの爪痕を残し、彼は本拠地の茨城に戻っていった。

松丸真幸

 

 

松丸さんご夫妻が帰った後、引き続き涙目のカズが供述した。彼はその現場にいたのだ。

 

 

「松丸さんのあの名言が出たとき、たまたま音声が拾われていたみたいで。。

 

アワードパーティーで音声付きで動画が流れたんです。。。

 

『このおれをなめるなよ( ̄ー ̄)』 って。。。」

 

 

「うん、どうなった?会場…」

 

 

「会場大爆笑でしたwww」

 

 

そりゃそうだよな。しんでしまうわ。

 

次回「ハビエル・ゴメス・ノヤ、Onアスリートに加わる」に続く

 

※ というわけで、松丸さんはOnアスリートになりました。下の応援バナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

 - On (オン)