勝手にマン・オブ・ザ・イヤー 2016、4人目。

      2016/12/29

%e3%81%af%e3%82%84%e3%81%a8%e3%81%ae%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%88

前回「勝手にマン・オブ・ザ・イヤー 2016、3人目」に戻る

 

#4 「笑いの刺客」河原 勇人

 

年間通じて俺を爆笑の渦に叩き込み、さらに上から抑えつけて沈めてくれた伝説のトライアスリート、河原勇人。彼が「勝手にマン・オブ・ザ・イヤー 2016」の4人目だ。

%e3%81%af%e3%82%84%e3%81%a8%e3%81%ae%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%88

彼の笑い烈伝には、枚挙にいとまがない。しかし、俺の中で今年最も印象深かったのは、宮古島トライアスロンでの「禊のタイキック」であった。

レース前のトップアスリートの尻にタイキック。そんなことが許されるわけがないと考えた俺に、彼はこう言った。

 

 

「やらせてください!禊を済ませなければなりません!!

 

 

それにこれは駒田さんとの、男と男の約束です!!」

 

 

約束したっけか?

 

で、こうなった。

何が彼をそこまで駆り立てたのか、未だに答えは見えない。笑いへの飽くなき追求心なのか、それとも単にアレなのか。

いずれにせよ、彼がその場に現れるだけで、Onジャパンは笑いに叩き込まれる。彼がその場にいるだけで温かい雰囲気があたりを包む。

「はやとのきりふき」に「はやとのフロー」を装備した河原勇人は、来年も各地のレースで圧倒的な強さと笑いで暴れてくれるに違いない。

%e3%81%af%e3%82%84%e3%81%a8%e3%81%ae%e3%83%95%e3%83%ad%e3%83%bc

 

河原勇人、勝手にマン・オブ・ザ・イヤー 2016、おめでとう!

 

次回「勝手にマン・オブ・ザ・イヤー、5人目」に続く

※ 飽くなき求道者、河原勇人。いちファンとして注目せざるを得ません。下の応援バナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

 - ブログ