まどかの「世も末」ブログについて、その1。

      2017/06/06

宮古島トライアスロン2017_フィニッシュライン

前回「トライアスロンルミナのお遊び」に戻る

 

俺の相棒にして妻であるまどか。彼女は、私が走るとか世も末ですよという名のブログをやっている。略して、「世も末」ブログ。

まどかを人に紹介すると、10人中9人までもが「まどかさんもトライアスロンやるんですか?」とか「意外と空手やったりして?」と質問してくる。

しかし、この場でお伝えしておこう。奴は運動神経が悪い。というか、運動神経がそもそも存在しない。ひどいことを言うと思われるかも知れないが、まどか自身が「世も末」の説明文としてこう書いている。

 

運動神経悪い芸人ならぬ運動神経なし一般人の私が体動かしたり、

健康にいいことをするのをちまちまとつづるブログになっております。

 

運動神経なしのまどかは、元来極めてインドアな人間だ。本を読み、風呂に浸かり、そしてゲームをこよなく愛している。「ゲームセンターCX」とか大好物である。ガンプラを作り、漫画を読み、そしてゲームをこよなく愛する俺とウマが合うというわけだ。

それでも、Onである俺と一緒にいることで、今ではたま〜に走ったりすることもある。綺麗な景色の場所を見つけたりすると、たま〜に。走ることがむしろレア。だからこそ、「私が走るとか世も末ですよ」ということになる。

Madoka in Honolulu

 

しかし、彼女の本領は「応援」である。2016年の宮古島トライアスロン、あるいはアイアンマン・ケアンズなどで彼女が振りかざした応援ボードをご存知の方もいるかも知れない。

Finish Line 2016_3
※ 2016年、宮古島トライアスロンの応援ボード。この頃に応援ボードを作り始めた。

Madoka's board IM Cairns version
※ 2016年、アイアンマン・ケアンズの応援ボード。慣れてきている。選手からの被視認性を高めるという目的で装備された花冠にも注目。

 

この応援ボードがアイアンマンコールの前借りを呼び込んだことなどもあり、俺にとって圧倒的なラッキーアイテムとなっている。

そんなわけで、まどか自身が走ることはあまりない。自然な流れとして、世も末ブログは応援ブログと化しつつある。例えば、今年の宮古島トライアスロンの応援レポートがそれだ。

 

・宮古島トライアスロン レース応援レポート その1 スイム編

・宮古島トライアスロン レース応援レポート その2 バイク編

・宮古島トライアスロン レース応援レポート その3 ラン編の前編

・宮古島トライアスロン レース応援レポート その4 ラン編の中編

・宮古島トライアスロン レース応援レポート その5 ラン編の後編

 

応援レポートで5話分を書く女、まどか。凄まじく詳細かつスリリングな筆致は、身内ながら感服せざるを得ない。俺がレースで這いずり回っている間、そんなことがあったのかと思わせてくれる。これは、レースだけをやっている人間には分からないことだ。

トライアスロンはひとりではできない、と日頃思っている。その理由のひとつは、応援してくれる家族や仲間の存在だ。そのことを改めて教えてくれる世も末ブログは、俺の大好きな読み物のひとつだ。

宮古島トライアスロン2017_フィニッシュライン

 

次回「まどかの『世も末』ブログについて、その2」に続く

※ 宮古島挑戦記2017を書く必要がないんじゃないかと思えるレベルで詳細な「世も末」。下の応援バナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

 - ブログ