木更津トライアスロン2017レースレポート、バイクとその他編。

      2017/08/30

Kisatora_finish_1

前回「木更津トライアスロン2017レースレポート、スイム編」に戻る

 

今回のきさトラのレース前、実はこういう作戦を考えていた。

スイム → ガンガンいこうぜ
バイク → いのちをだいじに
ラン → いのちをだいじに

いのちをだいじにしすぎじゃないのか。ごもっとも。しかし、全ては1週間後の佐渡Rタイプで結果を出すため。全てはTeam Pearl Izumiのために。All for Team PI. 

しかし、今朝田中さんから「CEEPOライダーに恥じない走りをするように」と厳命を下されたことで、若干の軌道修正が必須となった。つまり、改訂版の作戦はこうなる。

スイム → ガンガンいこうぜ
バイク → ばっちりがんばれ
ラン → いのちをだいじに

ガンガン泳ぎ、ちゃんと頑張って漕ぎ、そしてやんわり走る。ますますもって、俺は一体何屋さんなのだろうと思う。

そんなわけで、俺は今、1周約6.5kmのコースをそれなりに頑張ってぐるぐるしているのだ。現在、2周目。メーターによれば、平均時速は31kmほど。

 

「こまださーん!!」

 

朗らかな声が俺の右側を通り過ぎる。伝説のトライアスリートにして「笑いの刺客」河原 勇人。昨日話を聞いたところによれば、本来6周のところを倍の12周、80km乗るらしい。

なんでそのようなことをするのかと聞けば、「コースを走りながら、選手皆さんの安全を見届ける役目を、最後の選手がランコースに移るまで果たしたい」ということだった。なんという偉大な男だろうか。笑いの刺客とか言ってごめんよ。でも面白いんだから仕方ないよね。

みるみるうちに遠ざかっていく河原さんの背中を眺めつつ、俺も少し頑張る。3周目に移るとき、応援してくれている遠藤さんカズトシ、そしてまどかバキューンを放つ。

Kisatora_bike

 

バキューンを放って勢いに乗り、時速35kmを超えたとき、右側をきれいにスーッと抜く派手なカラーリングのSpecializedのバイクが目に入った。「竹谷さーん!!」と声をかける。振り返って手を振り、前に向き直ってスッと加速していく竹谷さん

当たり前だが、異様に綺麗なフォームとペダリングだ。その走りをもっと見てみたくなり、竹谷さんになるべく付いていくべく踏み込む。相当頑張って離された距離を詰める。メーターを見ると、時速40kmを超えている。

竹谷さんの走りは、水平方向にスーッとあくまでスムーズ。ただのイメージだが、力の向く方向が「→」だ。今の俺は「〜>」。なんだかジタバタしている。ふと、俺の空手の師匠、内田先生を思い出した。内田先生が前方に技を繰り出すとき、やはり「→」のようにスムーズに動く。技の受け手からすれば、突然目の前に移動されたように感じる。達人の動きは美しい。

そんなことを考えながらもハアハア漕いでいたが、あっさりと竹谷さんは見えなくなっていった。いつの間にか折り返したのか、向かい側から走ってくる。そのフォームに思わず見とれる。

6周走り終え、メーターを見ると1時間18分くらい。平均時速は30kmちょっと。CEEPOライダーに恥ずかしくないかと言われると疑問だが、「ばっちりがんばれ」はやれたと思う。去年より3分くらい速かったし。

Bike (T1 & T2含む): 1時間21分02秒
※ 2016年は1時間23分54秒

 

さて。スイムで1分50秒、バイクで2分52秒、それぞれ昨年より速かったわけだが、良かったのはそこまで。宣言通り、ランでは「いのちをだいじに」を貫き通した

なるべく疲れないようにひたすら淡々と走る。「ジョギングは気持ちいいなぁ」といった感じ。そんなゆるりとした走りを見せる俺に対して、何故か上半身裸の遠藤さんが「さすがアイアンマン!」と声をかけてくれる。ばかにしていますねわかります。

Kisatora_run_2
※ 「さすがアイアンマン!」「ばかにしてるでしょ!」の応酬を見事に切り取った一枚。

 

気温がグングン上がっていき、少し疲れてきたなと思うとエイドがあるので、水をかぶって生き返る。4周目の一番最後、フィニッシュラインが見えるといつものようにスパート。

疲れがほぼない状態だからか、我ながら実にスピードが乗る。絶対おれ、短距離の方が向いてる。遠くの方から声が聞こえる。

 

実況「なんか一人すごい勢いで走ってくる選手がいる!あれ誰ですか」

解説「Onの代表の方ですね」

 

 

Kisatora_run_5
※ 遠方から迫りくる脅威の図。

 

そしてフィニッシュ。フィニッシュラインの向こうには、仲間たち。Pearl Izumiのみんなもいる。みんなとハイタッチして、木更津トライアスロン完走。

Kisatora_finish_1

 

最後の最後で無駄なスプリントを仕掛けたので、終わってみればなかなかの疲労感。しかし、それが楽しい。3年連続の木更津トライアスロン、これにて終了。

 

■ 木更津トライアスロン2017 リザルト (カッコ内は2016年)

Swim 1.5km: 32分10秒 (34分20秒)
Bike 40km (T1・T2含む): 1時間21分02秒 (1時間23分54秒)
Run 10km: 1時間01分51秒 (58分16秒)
Total 51.5km: 2時間55分03秒 (2時間56分30秒)

 

なんだこのランのタイムは。いくらなんでもひどすぎる。いのちをだいじにしすぎたか。去年より遅いって一体。。。

次は、9月3日(日)の佐渡トライアスロンRタイプ。作戦はもちろん、「ガンガンいこうぜ」

 

<木更津トライアスロン 2017、レースレポート完>

※ 木更津で声をかけていただいた皆さん、ありがとうございました。おかげで楽しいレースでした。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

 - 木更津トライアスロン