カズ・ドン憧れのティム・ドンのクラウドフロー。

      2017/05/31

Tim Don_world record

前回「On クラウドラッシュについて その2」に戻る

 

4月にクラウドフラッシュが、5月にクラウドラッシュがそれぞれ発売され、「On = パフォーマンスランニングシューズブランド」を印象付けている。

その流れを印象付け始めたのは、去年11月のクラウドフロー発売だった。クラウドフラッシュのISPO「プロダクト・オブ・ザ・イヤー」受賞で若干隠れてしまった感があるが、クラウドフローは「ベストパフォーマンスランニングシューズ部門」で金賞を受賞している。

ISPO Gold Award_Cloudflow

 

クラウドフローは、今ではOnのベストセラーのひとつに育っている。反発性とクッション性のバランスに優れ、クラウドに次ぐレベルで軽量なクラウドフローは、トレーニングからレースまでどんなペースでも走ることのできるシューズだからだ。

そのクラウドフローに関して、嬉しいニュースが入ってきた。5月28日に開催された「アイアンマン・ブラジル」で、Onアスリートのティム・ドンが、クラウドフローでアイアンマンの世界記録を打ち立てたのだ。

Tim Don_world record

 

そのタイム、なんと7時間40分23秒。ランは2時間44分46秒。Onはペースやスピードでカテゴリー分けしない、ということをまたもや証明してくれた。

これに一番喜んだのは、ティムの大ファンのカズだった。彼は以前から、こう述べている。

 

「憧れのティムに近づけるよう頑張りたい」

 

「まずはティムのように髪を伸ばしたい」

 

「パーマかけてティムのようにもじゃもじゃにしたい」

 

 

スクリーンショット 2017-05-29 11.10.26
※ カズの投稿。ティム本人からいいね!がついて、超テンションが上がっていた。

 

こうして、ティムへの憧れが高じて「かた焼きそば」と名高い髪型に仕上げたカズ。

ちなみに、彼の髪型を「ナイスだ」と評したキャスパーに、「日本では “Chinese Fried Noodle”と呼ばれている」と言ってみたところ、食べていたものを吹き出すレベルで笑っていた。キャスパーがそこまで爆笑するのは珍しい。

自ら「カズ・ドン」と名乗りそうな勢いのカズ。当然、彼の愛用シューズもクラウドフローだ。

Kazu Don_Niijima

 

次回「Onポップアップ in 楽歩堂博多阪急店」に続く

※ クラウドフローの話なのか、ティム・ドンの話なのか、カズ・ドンの話なのか、よくわからなくなってきました。ともかく、下の応援バナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

 - On (オン)