鎌田和明 23歳、世界の河原に挑む。

      2016/12/28

%e9%8e%8c%e7%94%b0%e5%92%8c%e6%98%8e23%e6%ad%b3_%e4%b8%96%e7%95%8c%e3%81%ae%e6%b2%b3%e5%8e%9f_2

前回「河原勇人のクラウドフロー」に戻る

以前書いた「鎌田和明 23歳、世界の鎌田 33歳」という記事は、この鉄人鍛錬記の全記事を通じて、かつてないインパクトをもたらした。つい先日書いたばかりだというのに、全記事中5位に躍り出たのだ。

1位: On クラウドフローについて。
2位: ランニングシューズの選び方。最新のバイオメカニクスの結論。
3位: Onのシューズの選び方 その2。
4位: On クラウドのゴム紐、地味だけど使える裏技。
5位: 鎌田和明 23歳、世界の鎌田 33歳。

1位〜4位は全てそれなりに真面目に書いたOnに関する記事だ。

それなのに、あんなフザけた輩が突然5位の表彰台に上がるとは、一体どうしたことだ。

大体、あの鎌田和明とかいうヤツは一体何者だ。

kazu-23-year-old_2

 

「あのチャラいのは誰なんだ?鎌田和明とかいうヤツは一体何者だ?」

 

色々な人からの話を総合して考えるに、これこそがカズが世に出てきたとき関係者の頭に浮かんだ最初の疑問だったはずだ。

それは2006年、第10回日本ロングディスタンストライアスロン選手権佐渡大会。無名選手であったカズが、突如総合2位に躍り出たのだ。総合1位は、伝説のトライアスリート・河原勇人

 

「いきなり河原さんの次か!」

「ビックリするくらい調子が良かったんです。でも、河原さんは別次元でした。背中も見えなかったです」

「やっぱり河原さんはすごいなぁ。笑いのセンスも別次元だしな」

 

陸上部で長距離専門にやってきたカズは、ランで勝負しようと考えていたらしい。しかし、河原さんはそんな若いカズの目論見をアッサリ打ち破った。

 

「で、せっかく同じ表彰台に上がれるんだし、話しかけてみようと思ったんです」

「おお、そしたらどうなった?」

「今と全く同じでしたw」

 

%e9%8e%8c%e7%94%b0%e5%92%8c%e6%98%8e23%e6%ad%b3_%e4%b8%96%e7%95%8c%e3%81%ae%e6%b2%b3%e5%8e%9f_1

今と全く同じ。それは圧倒的な実力と驚異的な腰の低さ。二人の間に交わされた会話はこのような感じだったらしい。

 

「河原さん、はじめまして。鎌田と申します」

 

「はっ、はじめまして!河原と申します!かっ、鎌田さん、素晴らしいレースでした!!」

 

「 (なんでこんな腰が低いんだろう、この人。。。) 」

 

「いや〜、本当に素晴らしいです!その若さでその速さ!エゲツない!!」

 

%e9%8e%8c%e7%94%b0%e5%92%8c%e6%98%8e23%e6%ad%b3_%e4%b8%96%e7%95%8c%e3%81%ae%e6%b2%b3%e5%8e%9f_2

 

「河原さん、もしかしてキミの無い眉毛にビビったんじゃないかね。。。」

「そ、そうですかね。。。」

 

河原さんだけではない。俺もビビる。こんなのとまともに目を合わせられないだろ。

 

「つうか、お前どこ見てんだコレ。佐渡で2位獲ったのに宮古で15位は不服ってことか」

 

「あの。。ちょっとそう思ってたかも。。。」

 

kazu-23-year-old_3

 

「腰の低い河原さんに圧を加えやがって。大体、まゆげはどこに置き忘れてきたんだ」

 

kazu-23-year-old_4

 

 

「解雇」

 

 

「せめて不採用に。。 ( ̄◇ ̄;)」

 

次回「稲田さんのホーム・ラン」に続く

※ 今のカズは爽やかの権化。下の応援バナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

 - On (オン)