アイアンマン・ケアンズ挑戦記 2016 – 第11話「前借り」

      2016/08/22

Ironman Cairns_before race 1

第10話「応援ボード」に戻る

2016年6月12日(日)、レース当日。

朝6時半、パームコーブのT1エリア内でバイクの最終チェックを終えた。遠藤さんみずおの姿は見えない。いつの間にか、はぐれてしまったようだ。

ここにいても聞こえてくる波の音。昨日の波打つ海を思い浮かべてしまうが、もう気にしたってどうしようもない。あと1時間くらいで始まってしまうのだ。覚悟を決めよう。デュアスロンにはならない。

「あー!駒田さーん!ようやく見つけましたよーー!!」

突如、後ろからデカい声で呼びかけられた。驚いて振り返ると、そこには去年の洞爺湖前、道志アタックで一緒に走った吉澤さんの笑顔があった。ケアンズに来ているのは知っていたが、EXPOでもウェルカムパーティーでも会えなかったのだ。「ようやく会えましたね!」と握手しながら挨拶を交わす。相変わらず、太陽のような雰囲気だ。緊張がほぐれるのを感じる。

吉澤さんと一緒に歩いていると、遠藤さんたちと合流できた。遠藤さんとみずおは、シマシマのブルトレウェアに着替えている。そろそろウェットスーツを着込まなければ。

「みんなで写真撮りましょうよ!」

吉澤さんがにこやかに提案した。確かに、今撮っておかないと、次に集まるのはいつになるか分からない。4人で記念撮影し、すぐに最終準備に入った。

Ironman Cairns_before race 1

ウェットスーツを着込み、さっきまで着ていた服をフィニッシュ後に受け取るバッグに入れ、それも預ける。もう後戻りはできない。いよいよパームコーブの砂浜に足を踏み入れる。

スイムスタート地点は、選手の予想タイムによって、Zone 1-4に分かれていた。予想タイム1時間前後の一番速いのが Zone 1、制限時間ギリギリを想定する一番遅いのが Zone 4だ。俺とみずお、そして吉澤さんは Zone 3 を選択することにした。おそらく、この Zone 3 が一番のボリュームゾーンだろう。すごい人だ。

Ironman Cairns_before race 2

運悪く、この人ごみの中で、遠藤さんとはぐれてしまったことに気がついた。しかし、間違いなく彼は Zone 1 に行ったはずだ。だから、フィニッシュ後までお別れということになる。一気に飛び出し、そのまま掴み獲って欲しい。遠藤さんなら必ずやってくれるはずだ。

海に向き直ると、凄まじい様子が見てとれた。昨日のバイク預託のときよりややマシに見えるが、それでも大きくうねり、浜辺に向けて大きな波が押し寄せている。サーフィンすらできるのではないか、と思わせるコンディション。こんな海を泳いだ経験は一度もない。

「駒田さん、スイムアップさえできればあとはなんとかなります。洞爺湖で1時間半なら、2時間で戻って来られれば上出来だと思っていいくらいです」

俺がDNFとなった去年の洞爺湖を、見事笑顔で完走した吉澤さんが言う。確かにそうだ。あのときの洞爺湖はまるで天然のプールだった。水は澄んで視界は良く、波はなく、おまけに喉が渇いたら周りの水を飲んでも良かった。その洞爺湖で1時間半かかったのだ。このパームコーブの海は…。

いや、俺なりに練習してきた。100m x 38本のブルトレスイム練を2回クリアした。麻生さんから力に頼らない泳ぎ方も少し学んだ。ジムでコツコツ泳いだ。あのときとは違うはずだ。そう自分に言い聞かせる。笑顔をひねり出して、隣のみずおと写真を撮る。

Ironman Cairns_before race 3

7時35分、号砲が鳴り、エリート選手が海に飛び出して行った。続いて、Zone 1、Zone 2 の選手たちがスタートしていく。俺たちの並んでいる列も少しずつ前に進んでいき、間もなくスタートラインを超えるというところで、DJが突如叫んだ。

“Hiroki Komada! You are an IRONMAN!!”

「えっ!?」

なんで今、アイアンマンコールを俺に?キョロキョロ周りを見回すと、まどかが掲げている応援ボードが目に入った。DJはそれを読み上げたのだ。

憧れ続けたアイアンマンコール。頭に一気に血がのぼる。

DJに向かって拳を突き上げ、声にならない叫びを上げる。周りの外国人選手たちが笑顔で拍手してくれる。「ヤバい、俺の方が泣きそうだ」と、みずおと吉澤さんが言った。

一気に気持ちが高まり、スイムスタートライン直前に立つ。みずおと吉澤さんと握手し、まどかに手を振り、俺は海に足を進めた。

「じゃあ、フィニッシュラインで!」

二度目のアイアンマン、今度こそ。絶対にだ。

第12話「少しの成長、ささやかな矜持」に続く

※「アイアンマンコール前借りしといて、DNFはないぞ!」と思っていただいた方は、下の応援バナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

 - アイアンマン・ケアンズ2016