ローラー練と業務用扇風機。

      2018/07/17

45cmアルミフロア扇_2

前回「クラウドフローの素晴らしさとおそろしさ」に戻る

 

汗ダクでカスカスになってしまうのは、夏のランニングだけではない。ローラー練でも同じだ。むしろ、室内でじっと漕ぎ続けるローラー練の方が、汗という意味では悲惨な状況になる。

4月の宮古島トライアスロンの後も継続的に取り組んできたローラー練だが、ここ最近の汗問題は無視できなくなってきた。大げさではなく、床に水たまりができてしまう。床にタオルを敷いてもだ。

そしてこれは、単に「汗がたくさん出て大変」という問題だけではないような気もしてきた。暑い中我慢してローラーをやっていると、汗が噴き出すだけでなく、心拍数が異常に高くなってしまう。すると、途端にヘロヘロになり、さとり君に表示されるパワーがガタッと落ちる。

真夏のローラー練

 

この解決策は、世のトライアスリートやサイクリストから学んでいた。業務用扇風機だ。ただ、なんとなく先延ばしにしてしまっていた。理由は簡単。アイツラの見た目が「業務的すぎる」のだ。

典型的な業務用扇風機が、オレンジ色の4枚羽で強力なパワーをアピールしてくれるのはいい。その巨大なパワーにおいそれと揺らがないよう、三脚の上に堂々と立っている理由もわかる。しかし、普通のマンションの一室に置くにはインパクトが強すぎる。

典型的な業務用扇風機

そんなわけで、なかなか導入に踏み切れなかったのだが、ちょっと良さそうなやつを見つけた。ナカトミ社製「45cmアルミフロア扇」という商品だ。名前はどこからどう見ても業務感しかないが、見た目はインダストリアルと言えなくもない感じで、わりとアリな気がする。ガチな三脚ではないのも省スペースで嬉しい。値段も8,000円弱で安い。

そんなわけで、早速購入してみた。

45cmアルミフロア扇_1

 

省スペースとか言ったのは撤回したい。それなりにデカい。

 

それはそうだ。45cmの扇風機なんて、一般家庭に持ち込むことはまずないだろう。パッケージだけでそれなりのインパクトがある。

45cmアルミフロア扇_2

 

ねこ「なんですかおまつりですか」

 

ともかく開梱してアルミ製のボディを引っ張り出す。組み立てはほぼ不要。すぐに使える状態になったので、まず試してみる。

買う前に一抹の不安を覚えたのは、「騒音になりはしないか」という点だったが、使ってみれば音はさほど気にならない。ローラーの音の方がよほど大きい。ちょっと下の動画で聞いてみて欲しい。ブンブンうるさいのはローラーの方だ。

 

そして期待通り、やはり業務用扇風機のパワーは素晴らしかった。水たまりどころか、床に敷いたタオルがほとんど湿らない。ちゃんと練習に集中できる。心拍数も、むやみな乱高下を示さなくなった。

やや大きいのは事実だが、シンプルでクリーンなデザインは気に入っている。いい買い物をした。さとり君に加えて、ナカトミ君。これでもはや死角はない。さて、練習しよう。

 

次回「夏のトレーニングとかき氷」に続く

※ 関係ないですが、「#Nakatomi」で検索すると、ダイハードばかりヒットしました。下の応援バナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

 - トライアスロン, ブログ