世界最高齢アイアンマンチャンピオン、稲田さんのクラウドエース。

   

Inada-san_Global Relay Run

前回「クラウドエッジ ムーンライトを取り扱う19店舗」に戻る

 

 

“Mr. Hiromu Inada, 86-year-old, finished IM Kona in 16 hours 53 min 50 sec. He became the world champion in 85-89 age group with Cloudace.”

稲田 弘さん (86歳) が、16時間53分50秒でアイアンマン・コナをフィニッシュした。クラウドエースを履いて、稲田さんは85-89歳のエイジグループの世界チャンピオンになった。

 

日本時間の10月14日(日) 11:17に、On全社員が見るSlackに、俺はそう一報を流した。

 

「ヒロキ、最高のニュースだ!」

 

「彼は俺たちのロールモデルだ!」

 

「イナダさんは俺のアイドルだ!!」

 

社内Slackでの反響は凄まじいものがあった。

Onの社員やサポートアスリートにも、稲田さんのファンは多い。マーケティングチームは、早速Instagramに稲田さんの勇姿をアップした。

 

 

そこにはこう書いてある。

 

目標に向かい続けるための刺激が欲しいなら、86歳でアイアンマン・コナのフィニッシャーとなった稲田 弘さんを見ると良い。2017年は時間切れによりレースを終えてしまったが、彼は戻ってきた。フィニッシュラインを超えた、世界で最も高齢のアスリートとして。稲田さんは、彼の目標を共に成し遂げるシューズを必要とした。クラウドエースのサポートとスピードを。

 

スイス本社のマーケティングチームがこう書いたのは理解できるし、ブランドとしてはやはりそう書きたくなったのだろう。事実、6月21日の発売イベントでクラウドエースを履いて走ったとき、稲田さんはクラウドエースをとても気に入ってくれていた。

クラウドエースは、現時点のOnができる全てを詰め込んだ1足だ。「エース」の名の通り、Onの切り札だ。間違いなく素晴らしいシューズだと自信を持っている。

ただ、個人的にはこう感じている。稲田さんは、クラウドエースをあの特別なフィニッシュラインに連れて行ってくれたのだと。

 

稲田さん、本当におめでとうございます。ありがとうございました。

Inada-san_Global Relay Run

 

<関連記事>
レジェンド・稲田さん、Onジャパンご来社。
稲田さんのホーム・ラン。
On クラウドエースについて。

 

次回「On と PTScientists。共に宇宙開発へ」に続く

※ 下の応援バナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

 - On (オン)