稲田さんのホーム・ラン。

      2016/12/30

the-kemigawa-coast-japan

前回「鎌田和明 23歳、世界の河原に挑む」に戻る

 

このクリスマスシーズン、スイス本社のマーケティングチームと共に「ホーム・ラン」という企画を進めてきた。

「ホーム・ラン」、つまりOnを好きな人たちが普段走っているランニングコースを教えてもらおう、というものだ。それにあたって、こんな質問を考えた。

 

1. そのコースはどんなところですか?

2. そのコースのどんなところが好きですか?

3. そのコースを走ることは、あなたにとってどんな意味がありますか?

4. そのコースを走りたい人に、ひとつアドバイスをお願いします。

 

このホーム・ラン企画のキックオフとして、まず世界で5人を選ぶことになった。

 

その記念すべき一人目は、「世界最高齢アイアンマン」稲田弘さん。Onのウェブサイトではこのように紹介されている。

HIROMU INADA,
WORLD’S OLDEST IRONMAN CHAMPIONSHIP TITLE HOLDER (AT 83 YEARS OLD)

hiromu-inada-the-oldest-ironman

 

稲田さんと仲良しのアキコの協力を得て、稲田さんのホーム・ランを教えてもらうことができた。こちらをクリックしてもらうと、英語版だが稲田さんのページに飛ぶ。

the-kemigawa-coast-japan

 

稲田さんのホーム・ランは、京成・八千代台駅から花見川沿いを検見川海岸まで往復するコース。Googleマップで調べたところによれば、往復で約21km。Onのページでは、“THE KEMIGAWA COAST”と題されている。検見川海岸が一気にグローバル化。カッコええ。

そして、以下が稲田さんからのメッセージだ。

 

1. そのコースはどんなところですか?

自宅近くの花見川沿いを検見川海岸まで往復するコース。

 

2. そのコースのどんなところが好きですか?

不整地のため、脚の色々な筋肉を鍛えられる。

 

3. そのコースを走ることは、あなたにとってどんな意味がありますか?

自然の中を走り、一体となれるのが心地良い。

 

4. そのコースを走りたい人に、ひとつアドバイスをお願いします。

様々な走り方ができると思うが、澄んだ空気と自然を感じながらゆっくり走るのがベスト。

 

the-kemigawa-coast

 

ホーム・ランがどこなのか、Googleマップの機能を使えば、割と簡単に作ることができる。

もし、あなたのホーム・ランをSNSでシェアしてもらえるのであれば、「#onrunning」「#onhomerun」のハッシュタグと一緒に投稿してもらえると嬉しい。

俺も、毎朝のプチモーニングマンのコースをシェアしてみようと思う。

次回「駒田博紀のホーム・ラン」に続く

※ 是非、皆さんのホーム・ランも教えてください。下の応援バナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

 - On (オン)