河原勇人のクラウドフロー。

      2016/12/19

%e3%81%af%e3%82%84%e3%81%a8%e3%81%ae%e3%83%95%e3%83%ad%e3%83%bc

前回「『いつもオン』の意味。たとえばこういうこと」に戻る

 

俺やOnジャパンと色々なところで縁のある伝説のトライアスリート・河原勇人

 

2015年の木更津トライアスロンの競技説明会では、俺を笑い地獄に突き落としてくれた。

Puronanoni

 

2016年の宮古島トライアスロンでは、禊のタイキックを強要された。

Hayato Thai Kick_2

 

2016年の沼津トライアスロンでは、ふしぎなおどりで俺のMPをゴッソリと削り取っていった。

%e7%ac%91%e3%81%84%e3%81%ae%e5%88%ba%e5%ae%a2in%e6%b2%bc%e6%b4%a5

 

そんな河原さんは、俺の中で「笑いの刺客」という確固たる二つ名を得るに至った。

 

二つ名 (ふたつな): ある分野において実績のある人物に対して尊敬と畏怖の念を込めてつけられる別称の事。典型的なものは戦国武将に多く、「独眼竜」伊達政宗、「甲斐の虎」武田信玄、「越後の龍」上杉謙信、「鬼柴田」柴田勝家などが筆頭に挙げられる。現代ではスポーツ選手、政治家などに二つ名を持っている人物が多い。 (ニコニコ大百科より引用)

 

そう、尊敬と畏怖の念を込めてつけたものなのだ。「笑いの刺客」河原勇人。いかにも神出鬼没・疾風迅雷な雰囲気が漂うではないか。

Hayato Thai Kick_3

 

そんな河原さんは、来年の決戦シューズを探すため、吉祥寺のOn取扱店舗「アートスポーツ吉祥寺」に赴いた。ここはOn独自のディスプレイ「マジック・ウォール」を備えた、都内でも随一の取扱点数を誇る店だ。

店長は、これまた二つ名を持つ。「癒しの南波」南波勉。屈指のOn好きでも知られる南波店長。癒されたい人は、彼と話してみるといい。優しい気持ちになれること間違いなしだ。

20171117_%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%84%e5%90%89%e7%a5%a5%e5%af%ba

 

笑いの刺客と癒しの南波。そんな二人が相見えることなど、俺は全く知らなかった。

 

各メーカーのシューズを鋭い目で検討する刺客。

ニコニコ説明しながら、スッとOnを提案する癒しの南波。

クラウドレーサーとクラウドフロー、片足ずつ履いて店内をくまなく走り回る刺客。

ニコニコ笑顔で見守る癒し。

 

そんな光景がまざまざと思い浮かぶ。

%e3%81%af%e3%82%84%e3%81%a8%e3%81%ae%e8%a9%a6%e3%81%97%e5%b1%a5%e3%81%8d

 

彼自身の脚質やロングのレースで使用することなどを考慮し、刺客が最終的に選んだのは、クラウドフローであった。

%e3%81%af%e3%82%84%e3%81%a8%e3%81%ae%e3%83%95%e3%83%ad%e3%83%bc

 

俺はその投稿を見て、すぐにメッセージを送った。

 

「河原さん、決戦シューズにクラウドフローを選んでくれたんですか?宮古島ですか?」

 

「はっ、駒田さん!

 

宮古島ではなく、アイアンマンでコナ狙いです!ソフトなのに反発がエゲツない!」

 

「コナですか!テンション上がりますね!!」

 

「あざます!

 

大丈夫です、イケます!!」

 

それ、カズのやつ。。。

 

「応援してますね!」

 

 

「LOVE YA!!」

%e3%81%af%e3%82%84%e3%81%a8%e3%81%aelove

 

なんすかそれww

 

こうして、「笑いの刺客」河原勇人は、決戦シューズ「はやとのフロー」を携え、戦いに赴くことになった。きっちりオフィスの俺を爆笑の渦に叩き込みつつ。

末恐ろしい男やで。笑いの刺客。

 

次回「鎌田和明 23歳、世界の河原に挑む」に続く

※ 「LOVE YA!!」に反射的に「Me too ww」と返してしまいました。下の応援バナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

 - On (オン)