ハセツネ観戦記 2017 – 第1話「リクルート任務」

   

ヤスコチラシ

ハセツネ30K疾走篇 – 最終話「大団円と見せかけて」に戻る

 

俺、ヤスコトシの3人が参戦し、カズの車のバンパーが意味なく壊れた今年のハセツネ30K。

全員完走

意気消沈

 

あれからもう半年が経ち、ハセツネ本戦の季節がやってきた。

ハセツネ2017

 

ハセツネ、正式名称「日本山岳耐久レース (24時間以内) 長谷川恒男CUP」。今でこそUTMFなどのウルトラトレイル大会はあるものの、やはりハセツネと言えば日本屈指のトレランイベント。「日本山岳耐久レース」「24時間以内」「長谷川恒男CUP」、名称のどこを切り取ってもハードコアな世界観が隠しきれない。山男たちの気迫が迸り出ている。

昨年は、そんな山男たちの饗宴にヤスコひとりが参戦し、見事完走を果たした。

%e3%83%a4%e3%82%b9%e3%82%b3_%e3%83%8f%e3%82%bb%e3%83%84%e3%83%8d%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a5

 

ちなみに、20km地点の第一関門「浅間峠」でヤスコを2時間20分待ち続け、寒さのあまり百式 (というか単なるエマージェンシーブランケット) が出撃したことは、俺の中で鮮やか、かつバカバカしい記憶として克明に残っている。

%e7%99%be%e5%bc%8f

 

聞いたところによれば、俺と面識がないのに「百式」だけはご存知だったヤスコの友達もいたらしい。選手のヘッドライトをピカピカ反射し、無駄に存在感を発揮していたそうだ。

今年はそんなことがないよう、十分な装備を整えていきたいと思う。それに、あの百式は博多出張のときに香月くんにプレゼントしてしまった。ちなみに、香月家ではあの百式を家宝として大事に保管しているとか。気持ちは嬉しいが、あんなアルミホイルを家宝にするとは……。

 

あえて言おう。アホであると。

 

香月家家宝

 

そんなわけで、「百式だけは出撃させねぇ」と心に固く誓いつつ、ブース出展の準備をしていたとき、ヤスコが不思議な提案をしてきた。

 

「ひろきさん、マークからアイデアが出てきて。

『社員募集』のチラシをブースに貼ってくれと」

 

シューズのプロモーションをすべきブースで社員募集。我らがCOOは何を考えているのだ。面白い。やろう。

こうして2017年10月8日(日) 7時半、俺たちは意気揚々と武蔵五日市へと旅立ったのだった。壊れていないカズ号で。プロモーションなのか、リクルートなのか、旅の目的がなんなのかよく分からない感じで。

ヤスコチラシ

 

第2話「マシュマロマンとリクルートチャンス」に続く

※ まさかこのヤスコチラシがあそこまで…。応援バナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

 - ハセツネ2017