風邪こじらせFF廃人。

      2017/02/21

FF2_表ウボァー

前回「けんいちうじと雪隠斎の話」に戻る

 

俺のトレーニングアプリが、この1週間丸々空白になっている。1月の超絶寒波が襲ってきた直後、少し暖かくなった途端に体調を崩してしまったのだ。寒暖差にやられるとは情けない。

ここ数ヶ月、特に体調を崩すこともなく快調にトレーニングを積み重ねてきた。朝走り、夕方ジムに行くという生活パターンが刻まれ、非常に充実した生活であった。

ところが、この1週間はランニングも筋トレも空手も一切何もしていない。クシャミが止まらず、咳も治まらず、頭が痛く、腰が折れんばかりに痛い。仕事もギリギリできるかできないかというような体調になってしまうのは、本当に久しぶりのことだ。

「俺はもうダメかもしれん。。。」などと仲間たちにボヤきつつ、いつの間にか消えるような、まるで忍びの者のような動きを見せつつ、俺は週末を待った。

ようやく身体を休めることができる、とホッとした週末だったが、仲間が勝田や館山のマラソンに挑戦している様子、あるいは暖かい気候の中バイクライドを楽しむ様を横目で見つつ、ずっとベッドに横になるのは、それはそれで辛い。

トレー二ングがしたい。しかし、俺にできるのは強張り切った背中をやや伸ばすことくらい。それでも声が出てしまうほど痛い。もう俺にできることは、スマホでゲームをするくらいしかない。ガンプラ作りは実はかなり体力を消耗するのだ。

何にせよコツコツやれるというのは、俺の特技の一つだ。スマホにダウンロードした往年の名作ゲーム「ファイナル・ファンタジー2」のパーティーメンバーを効率的かつ地味にコツコツ鍛え上げ、俺はラスボス「皇帝」をやっつけることに成功した。

FF2_表ウボァー

 

 

「めでたしめでたし。ウボァー」と思いつつエンディングを眺めていると、なんとファミコン版にはない「お楽しみモード」があるではないか。本編より難易度高めのお楽しみモードにも持ち前の粘り強さで取り組み、そこでも名言「ウボァー」を聞くことに成功した。

FF2_裏ウボァー

 

しかしなんだろう。この充実感と同時に感じる空しさは。俺はゲームが好きだ。それは間違いない。

ただ、RPGのパーティーメンバーを鍛えるだけでは物足りない。俺自身のレベルも上げたい。この1週間で、俺自身のレベルは確実に下がっている。ラスボスどころか、「最初の村」すら出ていないように感じてしまう。

もう明日は2月。少し焦る。しかし腰も首も痛すぎる。ウボァー。

 

次回「2017年2月、人気記事について」に続く

※ 早く走りたい。下の応援バナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

 - ブログ