センチメンタルランと電撃風呂 – 最終話「電撃風呂」

      2016/11/02

%e9%9b%bb%e6%92%83%e9%a2%a8%e5%91%82%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8

第2話「センチメンタルラン」に戻る

思い出巡りのようなランから戻り、俺は「ひばり湯」に戻ってきた。

%e3%81%b2%e3%81%b0%e3%82%8a%e6%b9%af

そこは、ケロリンの桶が転がる、昭和の雰囲気を色濃く残す銭湯。番台のおばちゃんにお金を払い、心安らかに湯船に浸かる。心が洗われるようだ。

ふと、隣の小さな湯船のおじいさんが目に付いた。ダルダルに弛緩すべき銭湯に似つかわしくない、少し険しい表情が気になる。

何故そんな表情を浮かべるのか。よく観察してみる。湯船のサイズは小さい。約1メートル四方の正方形をしている。お湯は透明。泡も出ていない。なんの変哲もない、狭い湯船に見える。

しかし、湯船の中に、穴のいくつも空いた陶器のような板がある。その板が2つ、向き合うように湯船の壁面に貼られているのだ。おじいさんはその板に足の裏をつけ、苦しげな表情を浮かべている。あの板に秘密がありそうだ。

%e9%9b%bb%e6%92%83%e9%a2%a8%e5%91%82%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8

おじいさんがそこから出たので、俺もその謎の湯船に入る。

熱くもぬるくもない。別にどうということはない。一歩、二歩と進み、例の向かい合う板のエリアへ。

ビリッ…

ん?なんだこれ?手を板に近づける。

バリッ……!

親指以外の4本の指が、俺の意思と関わりなく強制的に手のひらの側に曲がった。間違いない、これは電気だ。板と板の間に電気が流れている。水の中で電気。危ないんじゃないのか。

さっきのおじいさんは、足の裏を板にピッタリとつけていた。俺も手を板につけるべく近づける。しかし、板から10cmほどの距離から近づけない。掌が攣りそうになる。

一度手を離し、次に太腿前部を電気板に近づける。板から25cm程度のところで、大腿四頭筋がギュンッと収縮し、脚が板から離れてしまった。掌と随分違う。何故だ。もう一度太腿前部を板へ。

25cm…

ぬうう辛い。でも耐える。

20cm…

大腿四頭筋が勝手にビクンと撥ね、反動で反対側の板へ飛ばされる。

「ぬぐぅ…!!」

声が思わず漏れる。反対側の板に尻が肉薄したのだ。凄まじい尻筋 (ケツキン) の収縮。尻が攣る。誰か俺にMag-onを持てい。

尻筋の圧倒的な収縮で弾かれるように板から離れた俺は、ここで冷静に考えてみた。

掌より大腿四頭筋。
大腿四頭筋より大臀筋。
先ほどのおじいさんは、かなりの瘦せ型。

分かった。筋肉の大きさだ。筋肉が大きければ大きいほど、この板が発する電気に反応するというわけか。

この仮説を証明するために、俺は股間をグッと前方にせり出し、板に近づけてみた。

30cm…

20cm…

やはり。コイツは筋肉製ではない。

10cm…

大丈夫、イケる。

ほぼ板とゼロ距離にまで迫り、俺は確信した。チン肉なら問題はない。

しかし、この実験はかなりの緊張感を強いられた。仮説の証明に成功したと思いホッとした瞬間、誤って上体が沈み込み、腹直筋下部が湯に沈み込んだ。

「あふぅぉぉぉう!!」

これでも耐えた。声は必死に抑えた。しかしダメだ。

ゼロ距離から下腹部に食らう電撃。そこから離れたいのに、張り付いたように動けない。

「うわぁ〜…… (バリバリ 」

股間を前方にせり出したポーズのままバリバリと細かく震えるハマのダンディズム38歳。死ぬ、死んでしまう。

走馬灯のように思い出すこの3年。そういや変なことばかりあった気がする。

腹の差し込みで抜き差しならず、深夜の七里ヶ浜に降りて行ったこと。

宮古島で最も美しい東平安名崎で土石流のような下しに見舞われ、DNF”R” (Did Not Finish at Restroom)寸前まで追い込まれたこと。

そして今度は下腹部感電死

これから先もこんなことがたくさんあるのだろうか。

40歳過ぎてもこんな感じだとマズいかな。

38歳でもこんな感じだし、もうアウトかな。

バリバリにシビれる下腹部の感覚が遠くなる中、今後の3年間に想いを馳せたのだった。

オリヴィエ、なんかごめん。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-25-11-07-58

<センチメンタルランと電撃風呂、完>

※ 大船駅にお越しの際はひばり湯へ。下の応援バナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

 - ランニング