クラウドエッジ ムーンライト、2018年10月25日発売。

      2018/10/19

Small JPEG-FW18 Cloudedge Moonlight IrisDust (Night) Detail Shot 2

前回「クラウドのランニングチェンジ」に戻る

 

Onは、「パフォーマンスとデザインの融合」を目指している。

口にすると簡単なようだが、オリンピックメダリスト、アイアンマンチャンピオン、アカデミー賞俳優、それら全てに履かれる存在になるためには、絶え間ない挑戦が続く。

絶え間ない挑戦、自らの限界を超える努力の連続。それを体現すべく、そして「パフォーマンスとデザインの究極の融合」を探る実験的な試みとして、今年4月、「クラウドエッジ」を発売した。

Cloud Edge_2

 

そして、Onの象徴である「雲」の先に広がる果てしない宇宙をイメージさせる、Onのさらなる飛躍を誓う1足、「クラウドX ウルトラバイオレット」を発売したのは8月だった。

Cloud X UV_W

 

これらは、単に商品を売りたいがためのストーリーテリングではない。「クラウドエッジ」も「クラウドX ウルトラバイオレット」も、Onが今後本気で目指してゆく方向性を象徴するプロダクトだ。

絶え間ない挑戦、雲の先に広がる果てしない宇宙、それらを意識させる新たな1足を発表する。それが、「クラウドエッジ ムーンライト」だ。

Small JPEG-IG Social Post 1500x1200 KV FW18 Cloudedge Moonlight IrisDust

 

クラウドエッジ ムーンライトは、クラウドをベースに、アッパーやソール、シュータンやシューレースに至るまでその世界観をあらわす意匠を凝らしている。

シュータンやアッパーに施された反射材は、深い夜空に輝く星空を彷彿とさせる。

Small JPEG-FW18 Cloudedge Moonlight IrisDust (Night) Detail Shot 2

 

月のクレーターをイメージさせるデザインのインソールと、アウトソールにまで広くちりばめられた反射材は、このシューズをより一層輝かせて見せる。

Small JPEG-FW18 Cloudedge Moonlight IrisDust (Night) Detail Shot 3

 

強く宇宙を印象付けるこのシューズには、そうするだけの理由がある。

クラウドエッジ ムーンライトは、ベルリンに拠点を置く民間宇宙開拓会社「PTScientists」とのパートナーシップを記念したモデルでもあるからだ。

PTScientists は、かつて「Part-Time Scientists」と呼ばれた。パートタイム、というのはおそらく壮大な自虐だろう。実際は、超一流のサイエンティストやエンジニアが集まり、将来の月移住に向けたインフラ設置を目標としている。

そしてOnは、この宇宙開拓会社の公式ギアパートナーとなったのだ。On と PTScientists は、地球上のあらゆる過酷な環境で、あるいは宇宙での使用にすら耐えるギアや素材を共同開発することになる。

PTScientists

 

PTScientists は、絶え間ない冒険に挑み続けるという点で、Onの中に彼らとの共通項を見出した。Onは、雲の上にまで飛び出そうとする「パートタイム」サイエンティストたちの強い気持ちに、自らと同じ魂を見た。

そのふたつが出会ったことを記念して発売されるクラウドエッジ ムーンライトは、10月25日(木)に選ばれた店舗とOn公式ウェブサイトで発売される。

 

<関連記事>
クラウドエッジ、2018年4月19日発売。
On クラウドX ウルトラバイオレット、数量限定発売。雲の上のさらに向こうへ。

 

次回「On教則ビデオ撮影。七転八倒、産みの苦しみ」に続く

※ 宇宙、憧れます。「宇宙兄弟」とか涙ながらに読んでました。下の応援バナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

 - On (オン)