クラウドのランニングチェンジ。

      2018/10/18

クラウド_ランニングチェンジ_1

前回「クラウドフローのランニングチェンジ」に戻る

 

Onは、いろいろな意味で他のランニングブランドと少し違う。

その一つが、「定番を長く販売継続する」というものだ。それまでは、細かなアップデートを施したものにナンバリングして、新作として発売するというのが一般的な手法だった。

一方、Onは細かなアップデートを施しても、それを新作として発売はしない。デザイン的にも機能的にも明らかに前のバージョンより進化したと考えるときはじめて、新型として発売する。

Onの場合、細かなアップデートは「ランニングチェンジ」として、あくまで同じ商品として発売している。そのあたりのことは、この記事で詳しく説明した。

そして、このランニングチェンジは、目に見えるものと目に見えないものがある。

目に見えるランニングチェンジの一例としては、クラウドフローのシューレースとインソールがある。

クラウドフロー_ランニングチェンジ_1

 

そして、もうひとつ例を挙げてみたい。Onの定番中の定番、クラウドだ。

Cloud All White

<関連記事>
On 新型クラウド発売。いつでも、On。

 

下に貼った写真の手前、「オールホワイト」がランニングチェンジ後のクラウド。奥の「ネイビー/ホワイト」がランニングチェンジ前のクラウドだ。パッと見では全く分からない。

クラウド_ランニングチェンジ_1

 

クラウドのランニングチェンジの対象は、シューズの内側、インソールだ。

クラウド_ランニングチェンジ_3
※ 履いたものなので少し汚れていて申し訳ない。左がランニングチェンジ前、右がランニングチェンジ後。

 

ランニングチェンジ前のインソールは、EVAとメモリーフォームの異素材を組み合わせたもの。ランニングチェンジ後のインソールは、EVAのみを用いたものとなっている。この変更は、クラウドフローのそれと真逆だ。

EVAのみで作られたインソールは快適性に優れ、EVAとメモリーフォームを組み合わせたインソールはパフォーマンス性に優れる。

より高いパフォーマンスを求めるランナーが選ぶ傾向にあるクラウドフローでは、後者のインソールを採用した方が良いという判断がなされた。

逆に、より高い快適性を求めるユーザーが多いクラウドに関しては、「いつでも、On」の味付けをより濃くするべく、EVAのみのインソールに変更した。このEVAは以前のものと比較して、より高品質なものになっている。

クラウド_ランニングチェンジ_2

 

より細かな説明をすると、「EVA+メモリーフォーム」のインソールは、ランナーの足型や重心のかけ方、走り方に応じて細かく変形する。

そして、そのように細かくランナーに合わせてくれるタイプのインソールは、同様にランナーに合わせてフィット感が変わる、エンジニアードメッシュのアッパーと相性が良い。エンジニアードメッシュのアッパーを採用しているのは、例えばクラウドフローやクラウドXなどだ。

一方、「EVAのみ」のインソールは、履く人の体重を全体的に受け止めてくれる。「EVA+メモリーフォーム」に比べれば、細かな変形はしない。そして、細かな変形をしない通常のメッシュアッパーを採用しているクラウドと相性が良いのは、「EVAのみ」の方だというフィードバックが世界中から寄せられた。

 

このような理由から、クラウドのインソールは変更された。色々な意見があるかも知れないが、クラウドの「Never Not On」な性格をより濃く打ち出したいと考え、そのように決定した。

このランニングチェンジは、今年の7月以降に製造される全てのクラウドに適用されている。

 

次回「クラウドエッジ ムーンライト、2018年10月25日発売」に続く

※ 下の応援バナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

 - On (オン)