琉球古武道空手道 真光流 拳生会、入門。

      2017/03/18

拳生会_1

前回「勉強だけできた子供時代」に戻る

 

「琉球古武道空手道 真光流 拳生会」

 

東急池上線の雪が谷大塚駅と御嶽山駅の間あたりに位置する、ごく普通の一軒家。普通でないのは「小暮」という表札の隣にかかっている、いかにも重々しい雰囲気を醸し出す道場の看板。

「ここ、ずっと前からあるのよね」と言いながら、母親がインターホンを押す。しばらくすると、痩せた白髪のおじいさんが出てきた。

おじいさんの背中越しに、それなりの広さの板の間が見えた。一般家庭にしては広すぎる板の間。しかし、道場としてはむしろ狭いように思えた。それに、何と言っても静かだ。練習生らしき人が誰もいない。

 

「あのう、ここ空手の道場ですよね…?」

 

俺が思っていたことと同じことを、母親が切り出してくれる。俺はどうしていいか分からず、母親の後ろにただ立って成り行きを見守る。

 

「はい、そうですよ」

 

おじいさんが答える。そして、「入門ご希望ですか?」と先に聞いてくれた。そのとき、「この人が先生なんだ」と分かった。荒々しさとは無縁の、物腰の柔らかいおじいさん。

 

「はい」

 

母親が答える前に、とっさに声が出た。道場らしくない道場。穏やかそうな先生。ここがいい、と直感的に思った。

 

「それなら、この入門誓約書にサインをお願いしますね」

 

おじいさん先生が一枚の紙を取り出して、俺に差し出した。その差し出す手は、少し震えていた。

 

「稽古は毎週日曜日、夕方5時からです」

 

「はい、よろしくお願いします」

 

これが、俺の人生に最も影響を与えてくださった小暮最高師範との出会い。

その後約5年間、おそらく最後の直弟子として、俺は小暮先生に鍛えていただくことになる。

 

拳生会_1

 

次回「人並みの自分になるために」に続く

※ しばらく続きます、この昔話。下の応援バナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

 - ブログ, 空手