ブルトレ忘年会、中編。

   

bluetrain_year-end-party-1

前回「ブルトレ忘年会、前編」に戻る

「ふ、フナピーさん……それは、『ららららい』のアレですか……?」

白いタンクトップ、ジーンズのホットパンツ、白いハイソックス、そして赤いバンダナ。加えて、計算され尽くされたマッシブなボディライン。

遠藤事務所に入った途端目に入ったそれは、「トラックスーツならイケるだろ」と考えていた俺の浅はかさを根底から打ち崩してきた。

直視しすぎると危ないので、少し目線を外しつつ、俺はフナピーさんに質問した。しかし、彼の回答はまたもや予想を大幅に上回ってきた。

「いいえちがいます。光GENJIです」

「がっはははは(泣)」

ふざけんな、笑い殺す気か。

bluetrain_year-end-party-31
bluetrain_year-end-party-12

こうして、「最強にダサい格好」をドレスコードに掲げたブルトレ忘年会は幕を開けた。

乾杯の音頭は、お揃いの緑・白のラグランロンTと花柄のホットパンツでキメた遠藤鎌田の両リーダー。どこで買ったのかと聞くと、「伊勢佐木町」と言う。地元横浜屈指のディープスポットだ。さすがに横浜愛が強い。

bluetrain_year-end-party-22

光GENJIの他にも、会場にタレントは揃っていた。

異様に深い股上のジーンズ、土産感抜群の「I♡HAWAII」Tシャツ、ジージャンにバンダナにサングラス。何時代からバック・トゥー・ザ・フューチャーしてきたのかと思わせる男女が二人。

ブルトレの仲良し夫婦、陽くんみなちゃんの内藤夫妻。ダサい。これはダサい。

%e5%86%85%e8%97%a4%e5%a4%ab%e5%a6%bb

ガチでダサさを狙ってきた内藤夫妻を写真に撮っていると、背後からアッガイのような体躯をしたフナピーさんが近寄ってきた。なんだその口は。だから笑い殺す気か。

bluetrain_year-end-party-13

と、会場の隅っこでうずくまっている、湯浅さん率いる女子2人組を見つけた。

「あれ?全然ダサくないじゃないですか」と話しかけると、「あと1人、あと1人遅れてくるの!そしたら…」などと言っている。

そうこうしているうちに、その1人が会場に到着した。途端にバッと脱ぎだす女性3人組。

 

 

「月に代わっておしおきよ!!」

 

 

bluetrain_year-end-party-1

 

……それアニメが違う。

 

ぬう…どうしたことだ。異常にレベルが高い。俺のトラックスーツが普段着に見えてきた。この分では、エバーグリーンシンジケートのオヤジさんに巻き上げられた6,000円の元は取れそうにない。しかし、俺が弱いんじゃない。あいつらが強すぎるんだ。

bluetrain_year-end-party-11

しかし、そもそも疑問が湧いてきた。これはダサいとかダサくないとか、そういうことなのだろうか。コスプレなのではないだろうか。

 

「おう、お疲れお疲れ!!」

 

玄関先から元気な声が聞こえてきた。この声は、アニキ

「男は五分刈り」と言い切る、見た目もハートも漢の中の漢。

自分のバイクに「otokomae」と特注ペイントさせてしまう、どこまで本気か冗談か分からない漢。

どこのレースにいても、その圧倒的な存在感と、応援とも罵声ともつかない応援スタイルで、選手のみならず観客すら虜にしてしまうスター性を持った漢。

ブルトレ写真部の中川さんが撮った一枚の写真が、アニキのotokomaeぶりを端的に表している。みよこの鋭い眼光。

%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%88%e3%83%ac%e3%81%ae%e3%82%a2%e3%83%8b%e3%82%ad

 

 

「いや〜遅れちまって悪い悪い!!」

 

 

 

 

bluetrain_year-end-party-16

 

 

 

 

誰。

 

 

設定6って何。

 

 

 

次回「ブルトレ忘年会、後編の前編」に続く。

※ フナピーさん、内藤夫妻、伊勢佐木町、キャッツアイ、そしてアニキ。数々の猛者に心を掴まれた方は、下の応援バナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

 - ブログ