On クラウドベンチャーの特徴。旧型と比較してどこがアップデートされたのか詳細を説明。

      2018/12/04

Small JPEG-SS19 Cloudventure MossOlive W Detailshot 5

前回「クラウドベンチャー 教育用動画。教えてヤスコさん」に戻る

 

新型クラウドベンチャーは、旧型と比較すると、まるで別物となっている。

比喩的にそう言っているわけではなく、構造からして一新されているのだ。この記事では、その全てを説明してみようと思う。

 

Missiongrip™ (ミッショングリップ)

 

新型クラウドベンチャーの最大の特徴は、なんと言ってもそのアウトソール構造だろう。一目で明らかに以前と違うことが分かる。

Small JPEG-SS19 Cloudventure FlareDawn M KV

 

旧型クラウドベンチャーのソール構造

旧型クラウドベンチャーのアウトソール構造は、リバウンド・ラバーのCloudTec®にグリップをつけた構造だった。当時のクラウドサーファーをベースに、トレイルランニング向けの調整を加えたものだ。

つまり、旧型クラウドベンチャーは、クラウドサーファーの派生だとも言える。

cloudtec_griprubber

 

新型クラウドベンチャーのソール構造

一方、新型クラウドベンチャーのアウトソール構造は、ガラリと一新されている。ゼロ・グラヴィティ・フォーム (高品質EVAを3Dに成形したCloudTec®) に、粘りのあるラバーを一枚表にかぶせたような構造を採用した。

つまり、クラウドのソールを一枚ラバーで覆ったようなものと言えば分かりやすいだろうか。旧型がクラウドサーファーからの派生だとしたら、新型はクラウドにこれまでのクラウドベンチャーの思想を加えて進化させたわけだ。

今までになかったこのソール構造を、Onは「Missiongrip™ (ミッショングリップ)」と呼んでいる。ここが、新型と旧型の根本的な違いとなる。

Small JPEG-SS19 Cloudventure MossOlive W Detailshot 4

 

ミッショングリップの特徴

ミッショングリップを採用することで、新型クラウドベンチャーでは、柔らかなクッション性が大幅に向上している。クラウドやクラウドフローに採用されているゼロ・グラヴィティ・フォームがベースになっているのだから、イメージはしやすいだろう。

そして、ひとつひとつのCloudTec®が四角い形状になっており、それが粘りのあるラバーで覆われていることで、CloudTec®自体が路面に食いつくグリップの役割を果たす。身体を前に進ませる際のトラクションも同時に発揮する。

Small JPEG-SS19 Cloudventure FlareDawn M Detailshot 1

さらに細かく見ていくと、アウトソール面にも工夫が凝らされていることが分かる。全体的に細かなグリップパターンが刻まれているが、これには滑りやすい路面でも粘るように吸い付くよう、ヤモリの足の裏のようなパターンを採用した。

また、CloudTec®のフチの部分に四角いパーツが付属している。これが蹴り出しのときに路面を捉え、身体を前に進めるトラクションを強化するのに一役買っている。

Small JPEG-SS19 Cloudventure MossOlive W Detailshot 5

つまり、ミッショングリップを採用することで、ダウンヒルのクッション性と、その際の安全性・安定性が大幅に向上したというわけだ。

加えて、この構造は破断にも強い。タフなトレイルであっても、ソールが壊れるリスクが大幅に減った。

どんなミッションでもこなせるタフさを備えたということで、Onはこれを「Missiongrip™」と名付けたのだ。

 

Speedboard (スピードボード)

 

Onの機能面での特徴の一つは、足の形をした板バネが内蔵されていることだ。これをOnは「Speedboard (スピードボード)」と呼んでいる。

新型クラウドベンチャーのスピードボードは、ロード用のOnとは異なる構造を採用している。足の裏からの木の根や岩の突き上げから足を守るよう、高い守備力を誇っている。

また、凹凸のある路面を走るとき、足の自然で自由な動きをなるべく妨げないよう、中足部が細くくびれた構造を採っている。もちろん、登りでも身体を上に推し進めてくれるよう、高い反発性を備えている。

Small JPEG-SS19 Cloudventure FlareDawn M Detailshot 2

 

二重構造のエンジニアード・メッシュ

 

Onのランニングシューズではお馴染みの構造が、軽量な上に快適な「二重構造のエンジニアード・メッシュ」だ。

足に接するインナー部分はソックス状になっており、柔らかで快適な足当たりとなっている。アウター部分は足を保護し、高速走行時のブレを抑え、そして高い通気性も同時に備えている。

Small JPEG-SS19 Cloudventure MossOlive W Detailshot 6

 

旧型と新型の共通項

 

旧型と新型では、同じ「クラウドベンチャー」という名を冠して良いのだろうかと思うほど、構造が一新されている。しかし、そこに流れている開発思想は同じだ。

自然を愛するオリヴィエたちが、ロードとトレイルをシームレスに繋げようとした1足。”Good is not good enough.” を掲げるOnが挑戦した、「最高のものを創る」というミッションの結果生まれた1足

それが、現時点でオリヴィエが考える最高のトレイルランニングシューズ。進化したクラウドベンチャーなのだ。

 

次回「レイザーラモンRG師直伝『キモ撮り』映えするOn」に続く

※ 新型クラウドベンチャーに興味を持ってくださった方は、下の応援バナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

 - On (オン)