On クラウドベンチャー、フルモデルチェンジに至る経緯。オリヴィエが挑んだミッション。

   

Small JPEG-SS19 Cloudventure FlareDawn M KV

前回「iro-hanaかふぇ食堂。世界で唯一、マジック・ウォール のある食堂。シューズもアパレルも、アクセサリーも」に戻る

 

Onが生まれたスイスという国。

 

On が生まれたスイスという国は、言わずと知れた山岳国だ。


View this post on Instagram

Hiroki Komadaさん(@hirokikomada)がシェアした投稿

 

そして、Onの生みの親であるオリヴィエ・ベルンハルドは、スイスアルプスを駆け巡ってトレーニングを積み重ねてきた。スイスアルプスをハイキングし、ランニングすることは、今の彼にとっても日常的な楽しみだ。オリヴィエが自己紹介するとき、「私は元プロトライアスリートでトレイルランナー」と言うことがよくあるのだが、それは自然なことなのだろう。

同じく生みの親のひとりであるキャスパー・コペッティは、サンモリッツで生まれ育ち、スノーボードの元国体選手として、夏は山を走ってトレーニングしてきた。キャスパーは今も、「ラ・プント」という山に囲まれた生まれ故郷の小さな村とチューリッヒを往復する生活をしている。

街と自然との境目が驚くほど少ない環境で育った彼らは、元々「ロードランニング」と「トレイルランニング」を分けて語ることがあまりない。彼らに誘われて走っていると、ロードを走っていたはずが、いつの間にかトレイルに入っていることが多い。

ロードとトレイルがシームレスなランニング環境、それがスイスなのだと思う。


View this post on Instagram

Hiroki Komadaさん(@hirokikomada)がシェアした投稿

 

情熱 x 専門技術 = 新型クラウドベンチャー

 

そうした環境で育まれたOnは、アウトドアに対する思いがとりわけ強い。2016年6月、「クラウドベンチャー」というトレイルランニングコレクションを発表したのは、ごく自然な流れだった。

 

情熱 x 専門技術

情熱と専門技術が出会うとき、細部に至るまで洗練され尽くしたプロダクトが生まれるものだ。

クラウドベンチャーの発表から2年半。ブランド創業から数えれば8年。

その間、Onは技術革新を積み重ねてきた。クッション性と反発性を初めて両立したことにより世界特許を取得した「CloudTecシステム」。着地の衝撃を推進力に変え、走りの安定感をも向上する「スピードボード」。足当たりが優しい上に抜群のホールド感を実現した、「二重構造のエンジニアード・メッシュ」。他にも挙げれば、枚挙に暇がない。

同時に、世界トップクラスのトレイルランナーたち、世界中の自然を愛する人たちからフィードバックを受けてきた。フィードバックを受けるたび、プロトタイプを作って、オリヴィエやキャスパーたちは山を走ってきた。

 

「最高のものを創る」というミッション

Onが新たな1足を発表するとき、それはオリヴィエたちが「これが今のベスト」と思うものが完成したときだ。

その「自己ベスト」を塗り替えるのは容易ではない。昨日より今日、今日より明日。元プロアスリートとして心と身体に染み付いた習慣は、オリヴィエを「次のベスト」に駆り立てた。

より軽快に、より強く。より安全に、より快適に。

オリヴィエは、最高のものを創るというミッションに挑んできた。現役のプロトレイルランナーたちが舌を巻くほど、くりかえし山を走ってきた。

そして2018年11月29日、Onはそのミッションの結果を発表する。現時点でオリヴィエが考える、最高のトレイルランニングシューズ。

それは、オリヴィエの道のりを示すかのように、「Missiongrip™ (ミッショングリップ)」と名付けられたアウトソールを備えた、進化したクラウドベンチャーだ。

Small JPEG-SS19 Cloudventure FlareDawn M KV

 

 

次回「クラウドベンチャー 教育用動画。教えてヤスコさん」に続く

※ スイスアルプスとオリヴィエが生んだ傑作。新型クラウドベンチャーに興味を持っていただいた方は、下の応援バナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

 - On (オン)