九十九里トライアスロン 魔城カサブランカ編 – 第2話「魔城カサブランカ」

      2016/07/28

Casablanca_2

第1話「99T参戦」に戻る

2014年9月19日(金)、レース前日。

前島さん・俺・の3人、そして3人分のバイクを積み、俺たちは九十九里に向けて出発した。梅ちゃんは仕事の都合で、俺たちとは別行動。多分、現地入りは夜になるだろう。

おそらく、ランスタ (Running Style) チームはもう現地に到着し、ロケハンをしているはずだ。吉田編集長はロケハンできているだろうか。初レースの緊張感で気が気じゃないのではなかろうか。どんな顔をしているのか楽しみだ。

海ほたるで休憩を入れたり、道中はしゃぎながら前島号は進む。前島さんも優もずっと笑っている。トライアスロンやマラソンの旅はテンションが上がる。先のことばかり心配していても仕方ない。今を楽しもう。

ところで、今回の宿は梅ちゃんが予約してくれた。宿の名前は、ペンション カサブランカ 99。海辺のペンションとは、ますますテンションが上がるではないか。しかも、ものすごく安いらしい。梅ちゃん情報によれば、1泊素泊まりで4,000円しないとか。

「クマオ (俺)!テラ (優)!最高のところ見つけたから!(≧▽≦)」

大手柄を立てたと言わんばかりに胸を張っていた梅ちゃんを思い出す。ありがとう、梅ちゃん。

17時過ぎ、ようやく九十九里に到着した。「ペンション カサブランカ 99」の看板が見えてくる。しかしなんだろう、この雰囲気は。外観はまさしく昭和のラブホ。「まさかあれか?」と前島号車内がざわつく。

若干動揺しつつも、先に着いているランスタ号らしきワンボックス車の隣に停める。 車外に出ると、かなりの雰囲気を感じる。ここは「笑ってはいけない」シリーズの会場に違いない。

覚悟を決めつつ、フロントに向かう螺旋階段を登る。すると、前島さんが蜘蛛の巣にひっかかる。いきなり笑わそうとするのヤメてくれるかな。

Casablanca 99

螺旋階段を登りきり、フロントを探すが見つからない。すると、「フロントは奥のレストランです」と謎の看板を発見。フロントなのかレストランなのか。はじめて見るタイプの日本語だ。

Casablanca front

指示に従い奥に行くと、笑顔を浮かべた男性が出てきた。

「ィラシャイマセー」

うむ。

「あの、予約した者です。先に2人来ていると…」

「ニーマルニ、シタ!ヨニンね。ヨンマルニ、ウエ!サンニンね」

うむ…。

「チェックインしたいんですけど…」

「ア?ニーマルニ、シタ!ヨニンね。ヨンマルニ、ウエ!サンニンね」

がはははは!

頭の中に「コマダ、アウト〜」の声が流れる。まずい、ペースが早い…。

Casablanca_1

優を「ヨンマルニ」に送り届ける途中、俺は確信した。ここは古き良き時代、アベック達の愛の巣だ。この無駄に重厚なカーペット、随所に仕掛けられた謎のステンドグラスはどうしたことだ。

ヨンマルニは真っ暗。恐る恐る中に声をかけると、反応がない。繰り返し声をかける。すると、「は〜い…」というか細い声と共に、Running Style の柴田恵美さん登場。良かった、まだ息があった。ここで彼女とはじめましての挨拶。

「すごいですね」

「ええ、本当に」

初対面なのに、主語及び目的語のない会話が成り立つ。とりあえず、20:00からの競技説明会に参加することを決め、ニーマルニへ。

ニーマルニでは、吉田さんが腕を胸の上に折りたたむようにして眠っていた。ここは超人墓場か。

部屋に一歩踏み込むと、目の前のちゃぶ台のど真ん中に「ゴキブリフマキラー Wジェット」が置いてある。ここは出るぜ、と宣言しているのか?斬新な接客だ。

Casablanca_2

ニーマルニは、かつては従業員控え室兼宿泊所だったのだろう。非常に広い和室だ。木の枠が全てかすんだピンク色に塗装されている。なぜあえてこの色を。不思議だ。

Casablanca_3

入り口の電灯スイッチのそばに、謎のコントロールパネルがある。バンド…と書いてあるから有線か何かだろう。かつての愛の巣の証明がまたひとつ。

Casablanca_4

前島さんがしきりに鼻をすすっている。「あれ?なんかムズムズしませんか?」 ハウスダスト来襲の前触れか。念のため、あとで喘息薬を吸引しておこう。

「トイレ行ってきます」と部屋を出た前島さんが、即座に戻ってきた。

「虫、虫!でっかいの!」

裸電球ブラブラの玄関開けっ放し。いない方がおかしい。前島さんが外で暴れている音が聞こえる。

「やった!仕留めた!」

まさに阿鼻叫喚。ここは本当にペンションか。魔城と呼ぶべきではなかろうか。

梅ちゃん、よくぞここを引き当てた。確かに最高のところだ。

第3話「落下事故」に続く

※ 観光名所カサブランカに泊まってみたいと思う方は、下の応援バナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

 - 九十九里トライアスロン2014