5回目の宮古島トライアスロン前日。

      2018/05/02

リサイタル_1

前回「タレント続々、#MeetOnFriends in Miyakojima」に戻る

 

4月21日(土) 6:30

起床。8:00からPI TRI のバイク撮影だ。場所は伊良部大橋。

しかし、外はどう見ても雨。雨の伊良部大橋。ホントにやるんだろうか。しくじるとDNSもあり得る。すると天気予報を注視していたパールイズ男から「橋に10時集合で」と素早い判断。

さて寝るか。

 

9:00

再び起床。バイク預託の準備を済ませ、5人全員で伊良部大橋へ。

 

10:00

PI TRI バイク撮影。onyourmark と Triathlon LUMINA が撮ってくれる。

PI TRI 取材合間

 

撮影のため、大西さんマリナを先頭に、俺は3番目で隊列を組んで伊良部大橋を渡る。追い風なので全然踏まなくてもアッサリ進む。

PI TRI 取材_1

 

レースもこういう感じだと大変ありがたいのだが、きっとレースでは常に向かい風になるのだろう。

 

11:00

そういえば、昨日ようやく宮古島入りしたカズの写真を撮れていない。昨日の記事には遺影のような白黒写真しか載せていない。大体、あの白黒写真は去年の2月にスキーに行ったときのものなのだ。

世界の鎌田よ永遠に

そんなわけで、5人揃った写真を撮ってみる。これで取材のお仕事終了。

Onジャパン集合

 

あとは細々したものを買って、バイク預託を済ませ、それからはなーんにもしないつもりだ。ほんとになんもしない。

これぞ岩本師直伝の奥義「レース前日は何もしないの術」

 

12:00

思い出の店「福屋」でランチ。

選ぶのは当然カツカレーそば。限定10食をうたっているが、俺とカズで2食。このお店全体を見回すと、ザッと5食は出ているようだ。あと5食しかない。ないはずだ。

福屋のカツカレーそば

 

「あっ駒田さん!」

 

イズ男、大西さん、アケオ隊長プロテインジョーの5人も福屋に現れた。

 

「オススメはなんですか?カツカレーそば?じゃあそれ!」

 

おかしいなおかしいな。カツカレーそば無くなっちゃうよ。。。

 

13:45

バイク預託完了。預託直前にチェーンが脱落して全くハマらないという小さい問題はあったが、無事解決。

軽いトラブル

 

前年女子チャンプのナオ鷲津さんにも会うことができた。聞けば、ナオは今回が宮古島5回目らしい。これまでの4戦で優勝3回。凄まじい戦歴だ。

 

「あれ。。。?俺も今回5回目だ」

 

「ナオと同じですねw」

 

そうだった。2014年から数えて今回で5回目なのだ。これまで4戦して3完走、1DNF

 

「俺も4戦3勝と言っておこう」

 

「ナオと同じですねww」

 

バイク預託完了

 

14:30

皆愛マンションに帰宅。

今朝、応援のために宮古島入りした最速不動産王・遠藤 啓介トシはこれから彼と25km走に挑むらしい。しかもキロ4分で。佐野はいけるところまでその2人にくらいついていく意気込みでいる。5kmくらいはついていけるだろうか。

25km走

 

来週STY参戦が決まっているヤスコは、カズと一緒にのんびりペースで走るようだ。

え、俺?奥義発動中。

 

15:00

今朝宮古島入りしたまどかは、しげみかチームに帯同してサポートに回っている。

まどみか

 

しげ選手もバイク預託を完了したらしいが、写真では明らかに不安そうに見える。無理もない。これが初ロング、初ストロングマンなのだ。

しげ選手_バイク預託

 

「そりゃあ…不安だねぇw」

 

そんなときは魔法の言葉を贈ろう。

 

「大丈夫です、イケます」

 

「…イケます」

 

うっすら届いたらしい。さておらは寝るか。奥義発動中。

 

17:30

ほんとに寝てしまったようだ。みんなまだ走ってるんだろうか。

 

18:00

奴らはまだ帰ってこない。腹減った。

 

18:30

トイレでコンセントレーションを高めていると、気配を感じた。帰ってきたようだ。

佐野は3kmで早々にチギれ、あとは道に迷いながらひたすら一人で走っていたらしい。かわいそうに。

 

「あー気持ち良かったー!ラクでした!」

 

あそこで裸で叫んでる世紀末な人は、キロ4分切りで25km走って「ラクだった」とかいうバケモノだ。次はチギれることを想定してスマホを持っていくと良いぞ。

 

18:45

ラン組がシャワーを浴びている間に明日の準備ほぼ完了。あとはメシを食って眠るだけだ。

 

19:30

去年のレース後に行った「美ら美ら」へ。PI TRI のみんなが予約していたところに合流。

去年ここでメシを食っていたら、突然三線ライブが始まり、「そこのお兄さん!歌いませんか!?」と指名された思い出の場所でもある。そのときは、満員のお客さんの中、「島んちゅぬ宝」を歌い上げてやったものだ。

ただ今はレース前日ということもあり、比較的店は空いている。酒は飲まず、炭水化物を中心に食べすぎることなく淡々と食べていたら、突如ライブが始まった。

レース前日なので温存するためと、なるべく気配を消す。しかしどうしたことか、演者たちは俺を中心にターゲッティングし、「さあ手拍子を」「さあ合いの手を」と要求してくる。佐野もトシも知らんぷりしている。仕方ない、俺がやるしかない。

そして気がつけばステージに上がり、マーマンキングとデュエットする流れに。仕方ない。PI TRIのメンバーから「美ら美らで予約しましたー」と聞いたときから、こんな事態もあり得るとは思っていた。やるべきことはやらねばならない。そう思うようにしよう。

 

だから聴いてください、「三線の花」

リサイタル_1

 

22:00

マーマンキング & ハマのダンディズムリサイタルを終え、皆愛マンションに戻った。

リサイタル_2

 

明日のため、トシのマッサージを受ける。トシによれば、筋肉の状態は去年と比べものにならないくらい良いとのこと。毎日マッサージしてくれてありがとう。明日は頑張る。

 

22:20

部屋は真っ暗。あとは寝るだけだ。

寝る前に、明日の目標タイムを忘れないように掲げておこう。

 

Swim: 1:15 (T1含む)
Bike: 5:45 (T2含む)
Run: 4:59
Total: 11:59

 

寝て起きたらいよいよ5回目の宮古島トライアスロン。

過去3回の完走は自分にとって ”Great” であり、昨年のようにどんなに遅くとも “Good” だった。完走しさえすれば十分と思っていた部分が大きかったからだ。

しかし、Onは ”Good is not good enough.” を掲げている。常に挑戦し改善する意思こそが企業文化だ。それを自分自身の身体で表現してみたいと思うようになった。

だから、今年は今までとは違う準備を重ねてきた。その結果がどうなるか楽しみだ。明日、ただ全力を尽くそう。

 

次回「14年目のクールビズにクラウドエッジ。エッジ効きすぎ」に続く

※ いよいよ5回目の宮古島トライアスロンへ。下の応援バナーのクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村

 - On (オン)